人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

CFE

内部不正検査士。何度聞いても嫌な名前です。でもちらほらと有資格者がでてきますが、「一生警察官です」などというのがいいのでしょうか?
by gentas | 2007-05-31 23:06 | Certification

CFE

ビジネスとして資格試験は旨みがそんなにあるのでしょうか?穿ったいい方をすれば、カラーコーディネータ試験なんかは明らかに役人の天下り先、目的を喪失した短大生の動機付けという気がします。

ワインソムリエ試験、利き酒試験などは愛嬌もあるし業界団体なんでしょうがどうなんでしょう。小型船舶4級(あれ?今もこんな呼び方でしたっけ)、アマ無銭4級(あ、これも自信がないなあ)などは微笑ましい試験のような気がします。

税理士などは国税庁などに勤務され退職するとき、自動的に付与された資格であり、試験制度をつくるとき「どうせ受からないだろう」とやったら合格する人がでてきた、という恐ろしい試験です。要は公務員のための資格であり、民間に与えることを考慮していない、ようです(「不撓不屈」を読むとこの噂は確信に変わります)。

試験にはこのように趣味の域に入ったものではなく、本来は独占業務を与えるに足る知識や経験を測るべきものと、一定以上の最低限の知識を確認するものの2つがあるはずです。発揮する機能で簡単にいえば、
①一定の技能を測る試験

②職能を完遂できる能力を測る

の2つです。

クルマの免許は①、不正構造計算で揺れる建築設計は②でしょう。

さて、内部監査に関連して教育プログラムを検討しているときにCFE(公認不正検査者)を発見しました。元FBI職員が開発した資格は世界で4万人ホルダーがいるようです。早速啓蒙活動する会社に往訪して話を聞いて見ました。。。。(以下、次回)
by gentas | 2007-05-19 08:43 | Certification