人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:都市環境デザイン ( 3 ) タグの人気記事

中野恒明先生

7月25日、なつかしい都市小屋集での出版記念勉強会での中野恒明先生(芝浦工業大学)と女性とのツーショット。

退職の挨拶でも結婚披露でもありませんよ、都市小屋集の方に急遽手伝ってもらった、普通のお祝いの花束贈呈です、念のため
a0020434_8251992.jpg


※当日の自己紹介でもいいましたが、槇総合計画事務所での中野さんとの出会いからほぼ30年経ちました。いろいろな経験をさせていただきましたが、期待を込めておられたのか、私はそれに応えたのか、というと甚だ忸怩たるというか不甲斐なさを感じています。
しかし、それでも様々な「えさ」を見せていただいたことを振り返ると、感謝すべき存在だと思っています。

過去にお手伝いした本でのことを思い出すと、今回の著作はやや写真がきれいでもなく、「もっとぶ厚くて、写真・図表盛りだくさん」かと思い込んでいましたのでややさっぱりしていてびっくりしました。
by gentas | 2012-07-27 08:26 | Urban Design

都市小屋集

「へえ、まだあったんだ。俺も時々参加していたよ」
はるか昔、原発対応で東電経営陣への情動的?恫喝で国民から吊るしあげられた前首相のKさんがようやく
市民派政治家として人気が出始めたころ、東工大同窓の上司に
都市小屋集にときどき行っているんだ、という話をしたときに言われました。
ということは30年以上前から都市小屋集は活動していたんですね。

槇総合計画事務所でアルバイトしていたときお世話になった中野恒明さんに誘われ、ちょうど大学を卒業したころ、
都市コロジーとして、様々なテーマで中野さんが企画・運営され勉強会を始めたのでそこに行き始めました。当時はまだ異業種交流という気運なく、特に役所の方々の意見をいろいろ聞け、新鮮かつ大きな刺激になったような気がします。※だいぶ後になって「君に引き継ぎたいと期待していた」と言われ少し驚きました。サラリーマンは難しいですね。

さて

そんな都市小屋集も時代と共に、集まる方々も変遷し、場所も転々としましたが、実はまだ活動しています。
今回、都市コロジーを始めた中野恒明さんが本を出版されたので
7/25に同所で出版記念会が開催されます。今や、芝浦工業大学教授として更に幅広い活躍をされている中野さんですので、まとまったお話を聞く機会もなかなかありません。興味ある方はぜひ参加下さい。

都市環境デザインのすすめ: 人間中心の都市・まちづくりへ

中野 恒明 / 学芸出版社



詳細は都市小屋集まで
by gentas | 2012-07-18 09:45 | Urban Design
4/20芝浦工業大学教授にして、アプル総合計画事務所代表の中野恒明先生から本が送られてきました。

思えば、初めて槇事務所で、学生アルバイトと上司である主任という立場でお会いしてからずいぶん永いつきあいになりました。
独立しアプル総合計画事務所設立、都市小屋”集”の運営、街人のひろばへの参加、などなど人生を輻輳するようにご一緒してきたような気がします。その後、大学での研究も始められ、最近では”液状化対策”でもフットワークのいい調査や実践をすすめれているのが鮮烈です。

アプルができたときも株主の末席にお声かけいただき、いつのまにか名刺をいただいたりしましたが、残念ながら一緒に働くことはなく、こちらはシンクタンクなどで違うことをやり、いわば距離をおいたお付き合いはまるで”遠距離恋愛状態”なのかも知れません。

そのおかげで、むしろ客観的に中野さんの思考・行動パターンの、たぶん一部は理解しているつもりです。

パーキングの環境デザイン―駐車空間の計画・設計ハンドブック

ジム マクラスキー 奥貫 隆 伊藤 雅彦 中野 恒明 久保田 尚鹿島出版会

翻訳本としてすっきりできあがったのですが今だに話題となる素晴らしい出会いでした。もう少し図版や説明ができればと残念に思っています。自分で挿入できればよかったのですが力及ばなかったようです。


本書は実際に往訪されたり計画した実践例を集約した、”中野イズム”の集大成といっていいでしょう。すでにたくさんの著書もあり、そのうち何冊かはお声かけいただき、わずかではありますがお手伝いさせていただきました。
いずれも豊富な実例を前提としたもので、実に説得力あるものであり、時代の変遷を経ても陳腐化しない好著です。

都市環境デザインのすすめ: 人間中心の都市・まちづくりへ

中野 恒明 / 学芸出版社



ps. なお、私はすでに1冊予約していたので、我が家には2冊あることになります。自宅と大学においておこうかな。。。。。
by gentas | 2012-04-24 09:49 | Urban Design