人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:資格試験 ( 4 ) タグの人気記事

個人情報保護士

個人情報保護士試験が12/14あるようです。
http://www.joho-gakushu.or.jp/piip/piip.html
それに向けて講演会が
9/18にあります。

「なるべく試験を受けて下さい」「いやあ、法事があるので来年にします」「??」
いろいろな方が同僚部下になりますがまだ決まらない法事を主張した方は初めてで少したじろぎました。親戚関係を大切にする地元コミュニティではなく、資本効率を求められる厳しい企業にいるはずなので一瞬どこの話か理解できませんでした。※この人が入社した会社はその後2回統合を経験し、厳しいリストラを経験したはずなのですが、退職することもなく在籍しておられます。ましてや定年まで残念ながらそれほど時間がないと思うのですが。。。。

何故監査が必要なのかを理解せず漫然とやるならば、この仕事ほどつまらなく難解な仕事はないでしょう。

ところで、どの資格試験もそうでしょうが、個人情報保護士も「なめてかかると相手にされない試験」かと身を持って経験しています。

(さて本題に戻って)この講演会はおすすめだと思います
by gentas | 2014-09-07 12:28 | Certification

SAMURAI

「資格は取ったほうがいい」
とよく言われます。
確かに、客観的に公平性が確保でき、事前に準備する必要がある試験を通過したのだから、どんな資格だろうが確実に選ばれた人なのでしょう。

しかし

たくさん取れば良いわけではなく、難しければ良いわけではない、ことに気づくべきです。

古しえに思いを寄せると考え方は違ってきます。当時は、大学もなく、公的な試験制度や資格制度もなかったはずです。むしろ圧倒的な能力や知識を評価された存在であるはずです。

便乗して公的試験制度にもっていき、それを担う膨大な手間やコスト、人件費や予算が生まれています。天下り役人や無駄を単に非難したいわけではありませんが、少し過剰であったり逆に試験に合格しただけで放置したりしていませんか。

例えば、会社員をやめて公認会計士となった方に話を聞くと、「会計士で年収1千万なんかそうそういないはず。給与がいい会社員ならば会計士やMBAをめざす脱サラは安易にはすすめない」という発言には、思わず「我が意を得たり」と膝を打ちました。

たぶん、比較的難関な試験を受け資格をとり仕事を始めると「例えば、25才で年収500万円と最初は高いけど、普通であればいくつになっても上がらない」ことに気づきます。

士(サムライ)業はそんなものです
マスコミに頻繁に登場するK女史なども会計士はカネにならないけど
有名人はカネになる、ことに気づいたのでしょう。

もちろん、仕事をしたいから資格を取得することを否定しているのではありません。

資格を取れば、それで良いのだ、と思い込んでいる一部の方が問題です。
※最近、やたらと歯医者さんが廃業しているようですが、歯医者さんはその典型かもしれませんね。量的に飽和しているのに、腕のない若い方が多く、新規開業には初期費用がかかるのに不況になると患者が激減するらしい、と聞いています。

知り合いでもズバ抜けて優秀な方は、大抵資格などありませんが逆に高いです。例えば、コンピュータの資格を一切もっていないけど政府のCIO補佐官の方、博士号はないけど大学教授など(逆に、免許がなくて怖いのは運転とフグ調理でしょうね)

大体私が士ならぬサムライで思い出すのはオートバイかカメラぐらいです。
a0020434_6413751.jpg

a0020434_13343472.jpg


学歴や資格を取ることは素晴らしいチャレンジでしょうが、拘泥せず得意なこと、好きなことを伸ばし、圧倒的な能力を身につける、こともお勧めです。

大学受験や資格試験に日々努力されている方には、いいわけとしてすすめる訳ではありませんが、ぜひ目的をしっかりもって、何のためにしているのか忘れずに邁進いただきたいと思います。
資格とってどうするんだっけ?と。もちろん学歴だって同じです。
理想としている学歴を得れば幸せになれる、ことになっていません。むしろ場合によっては辛くなることさえあり得ます。
※私が何年か以前に取得したアメリカの資格は、毎年オカネがかかるので来年は更新を止めようと思っています。でも日本と違い、公的機関が運営ではなく、権利は失効せず「途中休み(例えば仕事を離れ復帰した際に再度加入申請し、対外的に呼称を使用し直す)」を認めてくれますから合理的です。つまりは将来の復職を見込んでいるのでしょう。
by gentas | 2013-02-12 13:59 | Recommendation

IT資格に変化あり

IT時代とはいいますが、IPAの資料を読むと情報処理関係の資格受験者数の減少傾向が止まりません。長期減少傾向です。原因としては過去のIT業界のリストラと現在の採用抑制が考えられるようです。前者は高度熟練者試験の減少、後者は基本情報技術者試験(旧情報処理2種など)の激減です。

その前に、国家試験の情報処理関係の資格っていくつあるか、ご存知ですか?経産省のIPA(情報処理推進機構)のものだけで14ですよ14。昔は2種、1種、特殊、監査ぐらいだったと思いますがなんだか非常に多いんです。実際に情報産業に携わる人はPCなどの分散系に環境がかわっていますから、更にMicrosoftのMOUSEやOracleのOracleMasterなどの民間資格の取得

通常は、コンピュータに携わる人は基本情報技術者から受験するようです。今、企業では初級システムアドミニストレータから受験するようです。両方とも「しょせん学生さんが受ける程度の初心者レベルだろう」の侮ることなかれ、意外と難しいです。3日は熱心に本を読んだほうがいいでしょう。

さて、個人的に関心ある「システム監査」についても様々な資格や認定があり、システム監査だけでも

国家試験    システム監査技術者試験
          上級システムアドミニストレータ試験
          テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験
          技術士(情報工学部門)
          公認会計士
公認       CISA(公認システム監査人)
          CIA(公認内部監査人)
          CFSA(公認金融内部監査人)

などの分野が該当すると思います。最低でもいくつかは取得していく予定ではあります。

ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認定はその流れの中で最近活発に取得する組織があるようです。ISO9000とか14000などの認定を考えたら、よっぽど意味のある認定だとは思います。この本は比較的セキュリティ中心に項目が整理されていて理解がしやすい好著です。一読あれ。図解 よくわかるISO27001
浅川 浩 / / 日本実業出版社
ISBN : 4534040369
スコア選択: ※※※※
by gentas | 2006-12-30 00:07 | Certification

公認情報システム監査人

いきおいでCISA(公認情報システム監査人)試験を受けてきました。あくまで推測ですが、今回は8,000人ぐらい受験しているのではないでしょうか?東京地区の受験会場も1箇所ではなく、どうやら何箇所にも分かれています。7:30から8:30が受付、9:00から開始ですが、8:30を過ぎれば受験させないシステムです。今年は何人が受験しそこねたのでしょうか?

いうまでもなく来年からのJSOX法に合わせて、企業の内部統制については厳格になるため、その中枢と考えられるシステム監査の専門家に対して、どのような知識・技能が必要かわからない経営層が「担当者は資格取得するように。またいなければ有資格者を中途採用するように」とのいい加減な考えのもとに需要が急増したのが背景です。(というわけで、決して法律上の独占業務もありませんから、落ち着いたときには、資格取ったから俺はもう大丈夫と考えている人はババッとリストラあるいは配置転換されることを覚悟する必要があるでしょう。)

私はといえば、3,4年前にISACAで試験問題作成委員として翻訳を手伝ったりしたのですが、面白くはあっても私自身は資格未取得でした。しかし、10月から配属された部署が内部統制部門であったため急遽受験となったわけです。(ファシリティマネジャー資格を創設するときも同様でしたっけねえ。資格を作る手伝いをしていたのに、受験申請をしていなかったので第2回試験を受験することになりました)

え?手応えですか?なんせシステム部門にいたのは大昔ですから、だいぶ知識が陳腐化しているんです。「10%の回答しか自信なかった人も合格している」(ISACA幹部談)という話があるようですが、今日のところは今日の資料を整理し、5月の再受験を覚悟しましょうかねえ。なお、試験内容は「経産省のシステム監査技術者の勉強をしていて、CISA問題集を真剣に何度か勉強すれば受かる」ように思います。
※何人もの有資格者の方と話ましたが、皆さん高学歴・専門的かつ汎用な知識を持って重要な仕事を担っているのに、サラリーマンとしてはやや不遇な方が多かった、のを覚えています。たいへん若くて美しいある女性は、大学をでて数年で英語で受験し、CISAとCIA(公認内部監査人)を取得していましたが、いわゆる一般事務職のままでした。ある女性は外資系金融機関の副部長でしたが数年で異動する運命のようでいつも転職活動をしていました。このCISAというものはなんとも微妙な資格かもしれません。(Nさんにいわせるとしょせん技能資格です。うーん、正鵠を得ていすぎです。)


合格発表は10週間後だそうです。(受かっても落ちてもNさんには笑われるでしょうね)
by gentas | 2006-12-09 18:23 | Certification