人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:磯崎新 ( 4 ) タグの人気記事

丹下健三を語る

先日の「浅田孝を語る」の影響を受けたせいではありませんが、「丹下健三を語る」を偶然読みました。

丹下健三を語る: 初期から1970年代までの軌跡

槇 文彦 / 鹿島出版会



丹下シューレといえる弟子や教え子、丹下研・丹下事務所(URTEC)の方々の思い出話が中心です。最近の歴史家や設計士の方も名を連ねていますが、特にコメントもなく(まあ、ないでしょうけど)、若い読者に対して親近感を伝えるために名前を追記しているのか、と推察します。

ところで、丹下シューレの重要人物の一人、磯崎新さんが
架空座談会を書いていて、実に面白い!!先生である岸田先生などは現代の建築学徒や設計士の方々にはもはや名前ぐらいの存在でしょうが、先日の浅田孝さんも登場し、大所高所の議論好きとバッサリ表現されても、蛙の面になんとやら、いっこうに気にせず爽快ですらあり、一読に値します。

座談会中?に引用された
浅田さんの卒業論文「日本国民建築様式」(1943)
丹下さんの卒業論文「ミケランジェロ公頁」(1939)
は一度読んでみたいですね

それしても、先週から少し”建築小僧”になっていることに気づきました。

PS.本書の執筆者に阿久井喜孝先生の名前を発見し、これまた過去の思い出がよみがえりました。何がきっかけだったか忘れましたが、新建築誌の紹介だったかでお会いしたとき、AACHENにいくとお伝えしたら、軍艦島の資料を預かったような気がします。そういえば帰国してから連絡していなかった失礼を今頃思い出してしまいました。先生、たいへん失礼しました。ネットがない時代に写真などを託されたことを重要さを今頃になって気づきます
by gentas | 2014-08-16 14:03 | Urban Design

内藤廣

3/21
昨日まで内藤廣さんの展覧会がギャラリー間で開催されました。
http://www.toto.co.jp/gallerma/ex140118/

いろいろなところで新国立競技場コンペ審査の話を聞かれますが、審査員であった内藤廣さんもさぞや予想外?の質問に閉口していることでしょうね。

ご本人の実績や性格を知っている立場としては、審査プロセスを
論理的に説明することは困難”であることだろうと思います。

あまり公表することではありませんが、私がお願いし構成した私的審議会や勉強会でも”こういう回答をしてくれる、大きな主張をしない、有名な先生”が求められます。選出された時点でコンペは決まっていることが多いでしょう

確か、磯崎新さんやジャンヌーベルさんも同じようなことを言っておられました。すなわち審査員を見て内容を変える、何度もたたかれて、落とされて勝ち方を覚えていくと。

でも、あえていえば、それに付加して”そのコンペがどういう意味を持つものか”を考えると自ずと分ってくるはずです

※展覧会はごくごく普通の内容で大学教授であった先生の成果が整理されていました
by gentas | 2014-03-23 15:24 | Town Walking

黒部ダム

1年前からK電力の偉い人にお願いして、ようやく行ってきました「黒部ダム」

数々のドラマが生まれ、
戦後日本の経済復興の象徴
といってもおかしくない黒部第4ダムを中心とする10個のダムは
正に土木技術の結晶でもありました。

行く前にたくさんの本やビデオを見ていたのですが、なにを聞いても感動の嵐でした。
K電力専用のインクラインと呼ばれている斜行エレベータの中で
紅白歌合戦で放映された中島みゆきさんの「風の中のスバル~」で始まる『地上の星』を見たら、不覚にも思目頭が潤んでいる自分に驚きました

地上の星/ヘッドライト・テールライト

中島みゆき / ヤマハミュージックコミュニケーションズ


※歌詞を間違えたらしいこともわかりましたけど彼女らしくていいですね


黒部第4ダムたったひとつで170余名の方が事故でなくなり、いまでもものすごいメンテナンスが実施されており、やはり産業基盤は作りっぱなしの建築、しかも凡百の設計屋さんの能書きとは雲泥の差だなあ、と感動しました。

a0020434_22384926.jpg

。。。設計者といえば、それにしても
 ◎崎新さんの「私の履歴書」はつまらないなあ。「ゴッドファーザー」を気取りたいのでしょうかね?これじゃ、数人しか「私の履歴書」に設計者が書いていないというけど、後の人に要請がますます来なくなるような気がしますね。個人的には菊竹さん、槙さん、都市計画の伊藤滋さんぐらいは続いてほしいものです。

建築の解体―一九六八年の建築情況

磯崎 新 / 鹿島出版会


by gentas | 2009-05-27 22:27 | Urban Design

磯崎新

日経新聞「私の履歴書」に磯崎新さんが掲載され始めました。何年か前に講演会でお会いしましたがずいぶん様子が変わっていて驚いたのを覚えています。学生時代の印象は時代の最先端、自らが建築やデザインの潮流を作っている、という雰囲気やオーラを感じました。その点では最近やたらと持ち上げられている安藤忠雄さんとは違います。※そういえば、建築家といえばマオカラーの中国風な服を連想しますが、記憶にあるかぎりその最初は磯崎さんだったのではないか、と記憶します。今も安藤忠雄さんや有名なところではマリックも着ていますね。私は当然持っていませんがコルビジュエ風の蝶ネクタイはいくつかあります。そういえば最近は出番がありませんがね

少なくとも安藤さんは住吉の長屋で建築学会賞を取るまでは
アウトサイダー的存在
、で、東大と丹下さんといずれとも少し距離感をもちながら自由に行動しているかのような磯崎さんとは異質でした。
ですから5/14頃掲載の「丹下さんのところに来た設計について個人でコメントしてしまったので独立せざるをえなかったーー」というくだりは初めて読んだ気がします。

私が大学院のとき、吉岡奨学金だったかをもらった時にお会いしたような気がします(あるいはA+Uの記事を書いていたときに当時の中村編集長に紹介されたのかしれませんね)※写真は磯崎さんの大分図書館です。社会人になってから出張のついでにみたはずです。

さて、磯崎さんが連載し始めたから日経を取り始めた、という設計会社の方もいるようですが、確かにお元気な磯崎さんの過去の集約である、私と同世代の方にとっては興味ある連載です。そして自己主張が強くて
文章も確かにあいかわらずこってりしています
a0020434_22254653.jpg

。。。。今月はいろいろと資料を読む用事があるので、飽きるたびに昔の設計者について思い出を書いてみます(学生さんには役にはたたないだろうけど、当時としては珍しくあちこちに出入りしていましたので)
by gentas | 2009-05-16 22:05 | Urban Design