人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

相撲

普段ほとんど見ず、関心もそれほどない
相撲ですが時々語り継がれるような素晴らしい場面に遭遇するから不思議です。

まったく偶然に琴欧州vs稀勢の里、の取組に見入ってしまいました。
稀勢の里は大関で、久し振りの横綱候補。今回も成績良ければ十分狙えるところで、「優勝すれば横綱」とプレッシャーあるところ、今日までに4敗。将来のためには○星を増やしておきたいところ。
一方、琴欧州は丹精は顔立ちや長身で人気実力あるが怪我に苦しみ、今場所では関脇陥落。失意の中少しでも○星を増やしたいところ。

結果は、あっけないくらいの上投げで琴欧州の勝ち。確か相撲通なんかにいわせると、上投げという技は力量差がある場合であり、将来有望視される格上関取がやられるものではない、と聞いていたような気がします。ましてしばらく立ち上がれなかった稀勢の里は大けがしたかもしれません。

でも、感動したのは勝負の後、外国人であり、将来はサッサと引退してビジネスを始めようと計画している琴欧州の勝ちと、立派な立会の結果負けた稀勢の里にたくさんの拍手があったことです。

なんとも紳士的で国際的な雰囲気を感じました。
将来の計画は二人ともかわってしまったかもしれないけど、
がんばれ琴欧州、稀勢の里
※これまた偶然にも両者とも今日の時点で7勝5敗と勝ち越しです
a0020434_19512136.jpg

by gentas | 2014-01-23 19:50 | Town Walking

八百長

リンク: 八百長力士にも実力は必要 「弱いから八百長するのでない」 - 速報:@niftyニュース.

幼いころ、当時はやっていたプロレスや野球にふれる機会なく、今でもスポーツはあまり身近な存在ではありません。むしろ、夜のラジオ番組で野球ばかり始るので、私にとって春からは
嫌いなスポーツシーズンでもあります※野球好きな人を嫌うことはないですが、ラジオやTVがスポーツだらけというのがさびしいのです。夜寝るときニュースを見ようとするとスポーツの総集編をやっていますがこれも実に残念です。

プロレスは嫌い
でした。特に、今は亡き父親が大好きだったので反面教師というか反発したいたようです。真剣に暴力?をふるうのがなぜ興奮するのか?当時はまったくわからなかったのです。

しかし、数年前
WWF(World Wrestling Entertainment)
http://wwe.co.jp/
を偶然TVで見てからすぐに好きになりました。
a0020434_16102499.jpg

高度な技術と体力に裏付けられ、素晴らしい脚本に沿ったエンターテインメントであり、見る者をぐいぐいと引き寄せます。

まともな学歴も資格もなかった父親が、仕事でがまんしてきた鬱憤を、プロレスラーがあたかも真剣に戦う姿で帳消しにするのは、今となってはよく理解できます。きっと父親が生きていたら「昨日の試合すごかったねえ」と追従することができたことでしょう。

相撲協会はマスコミ報道などでの指摘を受けると、なんどとなく「八百長はない」と反論します。しかし、純粋な勝負ばかりでしょうか?むしろニュースにあるように技術と体力に裏付けられ、一般人にはわからない技をだすことが真のスポーツなのではないでしょうか?

全力ばかりでやっていては何年もその地位にいられたとは思えません。満身創痍で引退は怪我か重篤な障害となってしまうのではないでしょうか。
むしろ協会は「ずっと昔からやっていましたよ。当たり前じゃないの」と反論してもよかったのではないでしょうか?

※当然、神技国技という側面は保つことが前提ですが、多くのファンは「八百長しているって?当たり前じゃないの」と思っているはずです
by gentas | 2011-04-24 16:05 | News

木を見て森を見ず?

Excite エキサイト : 芸能ニュース

やっぱり相撲はどこかおかしくなっている世界なのでしょうか?

ちゃんこチェーン「Chanko Dining 若」が始まったとき、「あーまた誰かが若乃花に集っているなあ」と心配していたのに、そのチェ-ン店もWebではすでに全国29ケ店です。TV報道でチラとみたときに、当初1店舗の売上げが40Mで今は13億円だったと思います。好立地の場所に高級感溢れる店、しかも原価率が低そうな「ちゃんこ」ですから「回転率(稼働率)さえよければいい事業」だと思います。

しかし

世の中に、
ちゃんこ屋ほど怖いものはない
ように思います。静岡のちゃんこ○戸沢チェーンもあえなく撤退したように、収益性があっても「高カロリー、団体ご用達」のコンセプトが何年も持つのは困難でしょう。大阪天王寺で曙の後援会であるちゃんこ屋さんにいったことがあります。噂どおりの実に丁寧な下準備、手ごろな価格であり「流行」とはほど遠い、正に消費者ニーズにあった名店でありました。しかしながら、毎日行く人は稀でしょうし、後援会を支えるほど単独事業で儲かっているとは思えませんでした。

バブルのときの帝国ホテルだったかの原価率が42%というのを覚えています。例えば、原価率が半分とすると、40Mのうち、8M、従業員が2M×8で16M、賃料・償却・金利が少なくとも25Mとすると、あれれ?▲9Mです。なぜでしょう?(更に、よくよく考えれば40M/店は、いくらか売上げを摘んだとしても少なすぎるように思います。私が◎務署上層部だったら、社会的な影響を考えて税務調査を指示することでしょう。この数倍あるのではないでしょうか??因みにたまに顔を出す8人掛けのごく庶民的な居酒屋がありますが、会話の感じでは1人だけで働いていますがそれでも20M/年、手取年収で10Mは軽くある、と見ています。月売上げ、あるいは経常の間違いではないですか、マスコミのみなさん? )

なぜ事業が拡大するか?それは新規出店や雇用創出、コンサル料として資産がありそうな
お兄ちゃん
に食らいついているからなんでしょう。新規出店すれば当然売上げも伸びます。

あくまで試算ですが、▲9×30=だいたい3億円
名跡料だとか資産があるなら、この
年数倍で危険
(つまり破綻までの年数と資産額のバランス)と考えたほうがいいでしょう(あくまで最悪のケースですが)

話がそれましたが、毎日何本もTV番組をやって寝ずにチェックする、というほどのプロの厳しさを自分に課しているさんまは有名な話です。それなのに「さんまを目指す」(お気楽な感じでダラダラとTVにでて、離婚しているのに子供を大切にしている)と思っている、という発言にもそれを感じます。(従って、原因はともかく奥さんは今のうちに資産化(名義変更)したほうが賢明でしょう。TVを見て、最初に思ったのは『あ、もうすぐ破産するのかな?だから名義変更させておくのではないか』でした)※以上、あくまで個人的な思いつきです。

本当に、どうなるんだろう「相撲」は?
by gentas | 2007-10-07 11:49 | Town Walking