人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

発言の軽さ

Excite エキサイト : 社会ニュース

「。。。。厚生年金の保険料算定の基礎となる標準報酬月額の改ざん問題で、改ざんに積極的に関与した社会保険庁の職員を刑事告発するため、厚労相直属の弁護士をメンバーとする調査チームを6日に設置し、責任を追及する方針を表明した。。。。。。。。講演で明らかにした。チームは弁護士数人のみで構成し、立件可能と判断できる証拠が集まった職員について個別に告発に踏み切る。舛添氏は「皆さんのところに紙(証拠)が残っていれば、悪い職員を逮捕できる。問題のうみを出し切って、新しい組織にしたい」」

この方のいうのはいつも「正論」かと思います。庶民、いや年金加入者や社会人に対してとしてもたいへん結構かもしれません。しかし、いつも気になる、あれそうかなと思うのはその
発言のタイミングと実効性です

紙があれば告訴できる?それは誰が誰にいうのですか?上司の命令だろうとコンプライアンス違反者は自動的に裁かれるべきでしょう。それを声高に言う前に時効や手順や立場を明らかにしてはどうでしょう。ましてや解散総選挙が論じられる時期にそのような格好いいことをいいやすいとはいえ、
 「いえ、あれは個人的な考えです」 などとどこかで聞いたような回答を選挙後にするのではないですか?だいたい大臣コメントに個人的発言があるのであれば、国民は彼らの発言をなぜ注視するのですか?

最高学府の教師をやられていたという見識や経験を、選挙民や政治家は評価しているはずです。ぜひレトリックはやめていただきたい、とそう思うのであります。
by gentas | 2008-10-05 20:06 | News