人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:浅田孝 ( 2 ) タグの人気記事

丹下健三を語る

先日の「浅田孝を語る」の影響を受けたせいではありませんが、「丹下健三を語る」を偶然読みました。

丹下健三を語る: 初期から1970年代までの軌跡

槇 文彦 / 鹿島出版会



丹下シューレといえる弟子や教え子、丹下研・丹下事務所(URTEC)の方々の思い出話が中心です。最近の歴史家や設計士の方も名を連ねていますが、特にコメントもなく(まあ、ないでしょうけど)、若い読者に対して親近感を伝えるために名前を追記しているのか、と推察します。

ところで、丹下シューレの重要人物の一人、磯崎新さんが
架空座談会を書いていて、実に面白い!!先生である岸田先生などは現代の建築学徒や設計士の方々にはもはや名前ぐらいの存在でしょうが、先日の浅田孝さんも登場し、大所高所の議論好きとバッサリ表現されても、蛙の面になんとやら、いっこうに気にせず爽快ですらあり、一読に値します。

座談会中?に引用された
浅田さんの卒業論文「日本国民建築様式」(1943)
丹下さんの卒業論文「ミケランジェロ公頁」(1939)
は一度読んでみたいですね

それしても、先週から少し”建築小僧”になっていることに気づきました。

PS.本書の執筆者に阿久井喜孝先生の名前を発見し、これまた過去の思い出がよみがえりました。何がきっかけだったか忘れましたが、新建築誌の紹介だったかでお会いしたとき、AACHENにいくとお伝えしたら、軍艦島の資料を預かったような気がします。そういえば帰国してから連絡していなかった失礼を今頃思い出してしまいました。先生、たいへん失礼しました。ネットがない時代に写真などを託されたことを重要さを今頃になって気づきます
by gentas | 2014-08-16 14:03 | Urban Design

浅田孝

某事務局移転に伴う記念講演会がある、というのでノコノコ聴きに行きました。

内容に関心ある、というより知人たちが来ているかなあ、という曖昧な好奇心のためでした。いつもにぎやかで押しの強い方々なのに、まるで通夜のような静かな語らいでした。実をいえば、いろいろなことを思い出すことができた印象的な会でした。会の主題は
浅田孝を語る

元所員であった方が、本を書かない、設計しない、講義しない偉人のことを没後時間をかけて、集約した貴重な本の出版記念でもあります

浅田孝―つくらない建築家、日本初の都市プランナー―

笹原 克 / オーム社


話の中で繰り返しでてきた”伊藤駿介”さんの名前を聞いて思い出しました。所属した研究室の一部の優秀な諸先輩たちが出入りしていたこと、早逝した伊藤駿介さんがその後立ち上げた会社が浅田孝さんから枝葉別れしたこと、その諸先輩たちが三菱総研野村総研などいわゆるシンクタンク系へ多くの人材供給の口火を切ったこと。。。。ああ、なんでいろいろなことを忘れてしまうんでしょう。。。

本箱の奥深くにあるはずの『環境開発論』を引っ張り出して読み返してみよう

環境開発論 (1969年) (SD選書)

浅田 孝 / 鹿島研究所出版会


by gentas | 2014-08-12 06:41 | Urban Design