人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:日本都市計画家協会 ( 6 ) タグの人気記事

景観法10年

もうひとつ、日本都市計画家協会でのシンポジウムのお知らせです。こちらはまだ時間あります。。。

■(NPO)日本都市計画家協会連続セミナー 第12シリーズ
『景観法10年のあゆみとデザイン・レビューの可能性』-景観計画の実効性を問う-                                
まず景観法10年の到達点と課題を総括し、デザイン・レビューを質の高い都市空間づくりに活かしていく方法や課題を通じて、実効性のある景観計画のあり方を考えたいと思います。

第1回:わが国の景観行政の到達点と課題
講師:西村幸夫氏(東京大学教授)
日時:2014年9月25日(木) 19:00-21:00
日本の景観行政を支えてきた第一人者の講師が、日本の景観行政の歩みを踏まえながら、景観法10年の歩みを振り返り、その到達点と課題を解き明かします。その上で、今なぜデザイン・レビューが必要であるのかを解説します。

第2回:景観計画の実効性を高めるためのデザイン・レビューの可能性
講師:坂井文氏(北海道大学准教授)&小出和郎氏(都市環境研究所代表)
日時:2014年10月10日(金) 19:00-21:00
英国CABEをいち早く日本に紹介した講師が、CABE成立の背景から活動の実態・課題について、具体的な開発計画の事例をもとに解説し、日本の景観行政が参考にすべきポイントを論じます。

第3回:わが国におけるデザイン・レビューの実践
講師:国吉直行氏(横浜市立大学特別契約教授)
日時:2014年10月16日(木) 19:00-21:00
日本においてもデザイン・レビューの試みは行われています。具体的な都市デザインの現場でデザイン・レビュー的手法やデザイン調整に携わっている講師が、景観法を活用したデザイン・レビューの可能性とともに、その実践に向けた技術や課題、景観法運用の課題について解説します。

受 講 料:事前振り込み:5000(正会員4,000)円、
     当日支払:6000円(正会員5,000)円
     ※全3回分
場 所:3回とも日本都市計画家協会事務局会議室にて
定  員:30名(※先着順とさせていただきます。)
詳細&申し込み
http://bit.ly/1ovUu6y


西村先生をはじめ、どなたのお話も魅力的です。国吉先生、このあいだお会いしたときには言っていなかったけど、たぶんまだ時間あるからなんでしょうね。実践的なお話は実は聴くほうが注意していないとその価値がわからないときがあるんですよね。。。。。。。
by gentas | 2014-08-16 00:04 | Urban Design

全まち2011

10月1日・2日
NPO日本都市計画家協会主催の
全国まちづくりネットワーク(以下、全まち)が埼玉大学で開催されます。東日本大震災後の大きな会議であり、活発で斬新な議論と具体的な計画策定が期待されています。。。。

ところで、建築学科出身であり学生時代は丹下健三をはじめ、当時高名な建築家の元で学び、建築雑誌に世界中の建築雑誌記事の紹介記事連載などもしていた私ですが、建築家という言葉に抵抗があります。
多分軽々に使って欲しくないといった、建築設計や携わる者に対するリスペクトといった潜在意識なのかもしれません。
あるいは、
自分自身がその道をすすまず、能力やチャンスをさっさと見限り、勝手に脱落(オフコース)したからかもしれません。

同様に、私的な場面で所属する組織の名刺を悠然と差し出し、例えば「君はどこの大学?僕はk大学に決まっているだろう。あ、君は違うんだ」という方に対して大いなる抵抗感を感じます。
※私の親戚筋にも「KOにあらずんば人にあらず」と信じ、一族の男性をそこに押し込んでいる家族がいることを知っています。実は私はk高校にもいたのですが、彼らには「君なんかが受かって進学しないわけがない、嘘をつくな」と言われたりします。遠いし、授業料高いから辞めただけなんですがどうやら私はウソツキらしいです。
a0020434_10543195.jpg

この学校出身の方は職場にも名簿をおいていたりと、実に不思議なことをやります。
因みに、私の勤務先先では学閥ご法度(※そもそも同窓が屯するだけなんですが)の暗黙の了解がありますが、Kは当然ですが、気にする方はやはり集まるようです。

このような個人的な考えとは別に、上場企業に属するものとして、また某大な個人情報を管理する企業として、職場では内部統制を担当し、職員には仕事以外での名刺使用を厳格に禁じています。※もちろん、同級生などに教える常識レベル程度は許容範囲です。

しかしながら、一昨年から通う社会人学校では、一部上場企業の幹部らしい方、公務員も参加していますがどなたもそのような配慮無しです。

つまり、彼らは業務で参加しているのでしょうか。驚くべきことに積極的に名刺を差し出します。
私的な名刺使用者はどうやら私だけです。

授業料は各自個人持ちなのかもしれませんが、仕事や業界の延長気分で来られる方が多いようです。特に、悲しいことに大企業幹部の名刺を押しいただき、「施主」と勘違い、し自らを卑下する方がいるのが実に侘びしく感じます。

従って、そこでの協働は意外にもたいへん疲弊してしまいます。※JIPDECによれば、業務上取得された名刺の集合は、明確な個人情報であるため、転出や退職者にはこれら一切の持ち出しは禁止されます。もちろん個人が集めたものは何も関係ありませんね。当社幹部クラスにはこれらも厳格に運用し、退職・異動時の確認書でも実施しています。。。。

では
都市計画家はどうななんでしょう

この全まちはNPO活動ですが、俺は都市計画家だあ、などと主張する方にはお会いしたことがありません。皆無です。それだけでも”都市計画”とか”まちづくり”の世界では、素直な私人として参加でき嬉しい限りです。NPOは個人の集合であるのを確認できます。

建築設計と異なり、一人では絶対にできない、まちづくりの特性かもしれません。
※一度、都市計画家って名刺作ってみようかしらん。

アホーと言われる情景が目に浮かびますけどね
by gentas | 2011-10-01 15:59 | Urban Design

東日本大震災

6月18日日本都市計画家協会の総会にあわせ、東日本大震災復興シンポジウムがあります。

残念ながら出席できないのですが
Ustreamで配信されるようです。
ICTが実に有効なツールになりますね
by gentas | 2011-06-18 17:52 | Urban Design

原稿

ようやく書き上げました。前回の中間報告でも結構悩んだので、事前に読み直してみました。

。。。。。ひどい文章でした。まあ、確かに時間をかけたのだろうというのはわかりますが「すっと」読めません。ということで今回は

1)問題点はそこそこ
2)表現はまあまあ
3)データはちょぼちょぼ
4)読みやすさそこそこ
5)発展性はちょろちょろ


の方針でした。まとめられるのは会誌にもされるようですので興味ある方はぜひ一読下さい。

日本都市計画家協会のサイトは下記のとおり;
http://jsurp.net/xoops/modules/tinyd24/index.php?id=4
by gentas | 2009-02-01 14:49 | Urban Design

日本都市計画家協会

国交省の望月室長を囲む勉強会があるそうです。前回はあまりの情報量とワインの消費量に絶句しました。今回はmp3で録音してみようかな?(冗談ですよ、ジョーダン。せっかくフランクな会合なんですから藪蕎麦じゃなくて藪ヘビです)
by gentas | 2007-04-02 23:56 | Recommendation

Vinshuh

お疲れでした。
けむり」が大人気らしく残念でした。
次回はぜひ「いせ源」集合→けむりにしましょう。

UNADONさん、長い付き合いでこんなに元気であらせられるのは、応仁の乱以降初めて。。。とはいわないまでも遭遇した記憶なく嬉しい限りです。

善男善女クラブの諸君(え?聞いていない?当然です。今銘銘したところです!)

明日の出勤を決めたYさん、ネコ本を渡し忘れたTさん。これに懲りずに付き合ってやって下さい。イ○カ先生、貴重な戦力の動員をお願いしましたが、なーに、発言を爆発させたい人がたくさんいるイ○カ周辺に集う諸氏です。新しい場を設けたと思ってご容赦下さい。Yさん、Tさんもいろいろなことに気づき発言したくてウズウズしているようですが、残念、私めが多少時間を管理してしまったということがあってマグマ噴出までにはいかなかったようです。私はどちらかというと時間をガッと決めて機関銃のように交戦するのがタイプです。次回は新たな戦場を用意するようにします。
Tさん、日本都市計画家協会のこの研究会他の幹事をしています(まだいちおうは都市計画の専門家のつもりなんですが、外見にはどうなんでしょうね)
http://www.mmjp.or.jp/jsurp/kenkyu/syosikorei.htm
結構メンバーがすごくて、特定の大学・学科の方が多くやや居づらいところですが、興味ありましたらぜひ参加下さい。二次会は更につらい場面もありますが、逆に興奮します。某都市工学科のプライドが充満していておもしろいです(赤門建築学科も京都大学も「なに?それ」という顔をされます、トホホのホ)

ところで、UNDAONはいかがでしたか?過去の経験からいえば、相当に先生は盛り上がったようです。よかったよかった。

次回はぜひコメントからはじめましょう。今日のところはこれまで。お後がよろしいようで。
by gentas | 2007-02-24 01:27 | Recommendation