人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:国家賠償 ( 1 ) タグの人気記事

ギャップ

Excite エキサイト : 社会ニュース
「。。。船長は。。。自宅と2人が所属する新勝浦市漁協川津支所を事故後初めて訪れ、謝罪した。。。。」

自宅に帰ったとき、TVで謝罪のため往訪した船長を見てびっくりしました。旧海軍以来の伝統か、ピシッとした祭事など儀礼時に着用する正装でした。威厳や階級を象徴する金のラインで階級をあらわしている、なんというのか第一種正装とかいうのでしょうか。そしてピカピカに光るクルマで颯爽としています。

一方、到着した自宅周辺は、まあいわゆる漁業従事者の生活がプンプンする実用的で、そして連日の捜索や2人がいなくなった後の混乱で疲労しきった顔顔顔。
漁協の同じです。画面からは補償を計算しているようなこすからい雰囲気はなく、むしろ「家族」を喪った、そしてその喪った家族がひょっとしたら自分であったかもしれない、という緊張感を感じました。

よく通夜には普段着でもいい、香典はピン札は準備しているようでダメなどと庶民的な慣習があります。そういう風に考えると、この
 「加害者と被害者の服装の相違」 は何を意味するのでしょうか?

どうみても、「ひたすら謝ります。どうせ税金ですから好きなだけ言って下さい。」という相変わらずの
 無謬性を誇示している ようにしか見えません。私の感覚がおかしいのでしょうか?

PS.夜の報道で、「進退は決着がついたら考える」と発言を紹介しています。辞めれば解決するのですか?あの「おばあちゃん」の何気ない「帰ってくるようにしてよ」という言葉の重さと比較して、なんと軽いのでしょう。

本当にこのような方々で国を守る体制ができているのでしょうか
by gentas | 2008-02-27 23:51 | News