人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:公民連携 ( 2 ) タグの人気記事

東洋大学

思想家井上円了がつくり、塩川正十郎さんが総長に就任し育て、柏原さんが箱根で走って身近な存在になった?
東洋大学
a0020434_9174136.jpg

私は、偶然にも同大建築学科のOBOGの方々と、この数年付き合ってたいへん良い教育環境を過ごしたこと、そして素直な学生だなあと関心しました。※”素直な学生した会っていない”という同窓の方の発言もありますが

時々、国際地域学部にもお世話になっていますが、先週はPPPでも勉強させていただきました。
なにより、公民連携の元政策投資銀根本先生、監査論の元東京ガスの島田先生、ユニバーサルデザインの高橋先生、国際地域政策の藤井先生など友人知人が多くいることが親しみを持つことにつながりますね
a0020434_9154461.jpg
by gentas | 2012-08-08 18:28 | Recommendation

公民連携フォーラム

8月1日、東洋大学PPPセンターが主催する
国際PPPフォーラム自治体再生の切り札 
シティマネジメントを考える
」がサンケイホールで開催されました。たぶん600余名と大勢の方が参加されたと思います。
http://www.pppschool.jp/article/14424424.html

元開発銀行員である根本先生が今や、PPP(公民連携)について著名となっていますが、センター長として参画され、非常に適切なイベントだったと思います。
開発銀行設備投資研究所(我々は、”セットウケン”と聞きようによっては危ない呼び方をしていました)の頃、初めてお会いしたときから、実に落ち着きのある説得力のこもった表現力の持ち主であり、いくつか年長の彼が企画するからには遺漏ないだろうとは思っていました。
ブルッキング研究所からのコネクションなのか、財政破綻が喫緊の課題であると訴える自治体経営の責任者を招聘したプレゼンテーションは時間なくやや荒削りではありますが実に迫力あるものです。

きっと、社会人大学院のカリキュラムとなるPPPは成功するものだろうと思います
a0020434_11202341.jpg
しかし

なんだか、地方自治体職員向けの研修としてのプレゼンテーションと見ると、実にわかりやすく参加を誘導しそうな内容であり、これも税金の使い道を指導するだけなのかなあ、とシニカルな見方をするのは私だけでしょうか?
参加者は圧倒的に自治体職員であると確信しました(実際に同カリキュラムの卒業生数名の方を存じ上げています)




むしろ、広く社会に対して
新しい公を進めていくために、底上げをするような企画であってもよかったかと思います
by gentas | 2012-08-02 11:21 | Urban Design