人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

精米機

先日、精米機を購入しました。ときどきお米をいただくのですが、玄米でいただいて精米したい、という家族の希望で購入しました。結果としては、お蕎麦と同じく、
採りたて、精米したて、炊きたて」の3たてが非常においしいことを再認識しました。

また、

当然に、新鮮な米糠がたくさん取れます。残念ながら、これはあまり上手な利用をしていません。せいぜい土壌改良や肥料に使います。といっても、いくつかの寒い冬を越してきた、疲れ果てた土地を取り出し、ふるいをかけて切れた根を除いて石灰や土壌改良剤と一緒に加える程度です。しかし、いままでの経験では、新鮮な米糠が草木にとって一番元気がでてくるような気がします。

毎日使うわけではないですが、玄米として保存することで長期にわたり風味も確保でき、おすすめの家電のような気がします。
a0020434_6235847.jpg

by gentas | 2011-02-08 06:26 | Electronics

ジュリー

2月5日2回目の論文ジュリーでした。

私にとっても、少なくとも同世代の方にとってもジュリーといえば沢田研二さんです。その言葉の響きからは”きらびやかな、ハレの雰囲気”がありますが、この日のジュリーは”どんよりとした暗い雰囲気”でした。
a0020434_544688.jpg


私は以前の経験から、”所詮は論文だけどされで論文”と発言しましたが、だんだんとその真意を理解する人もでてきたようです。

私は、この数週間のいくつかの訃報や風邪のため、数日間悩んだすえに、あいかわらず前日と当日にPowerpointを作成するという暴挙でパスしました。当然若い方々に注意したはずが、同じような雰囲気を持つことになりました。
※あと2回パスし終了となりますが、”暴挙”も今回までです。
by gentas | 2011-02-08 05:06 | Urban Design

日本ビル

「日本ビル?ああ、新日鉄の本社があったところですね」

2月3日、調べ物のために某協会に午前中立ち寄る際に、同僚に前日伝えたときの反応です。

※彼にとっては、日本ビル=新日鉄なんでしょう。私のイメージは日本ビル=静岡銀行あるいは日本債権信用銀行なんですが

日本ビル合築(行政財産と普通財産の区分所有関係)とするビル計画を某所で検討するため、参考のために、むかしいろいろと調べたのでよく覚えています。日本ビルの下部に水道施設があり、いわゆる上下分離型(垂直合築と呼んでいました)であり、建て替えにはたいへんな事前準備が必要と予想されました。そのため、水平分離型か、まったく分離型かの公的施設を併設する選択となり、結局は何十年か後にくるであろう建替えや修繕、更には最終処分を考慮し、完全分離した建物を作ることになりました。なお、敷地は86条の一団地だったのでこれはこれで問題あるのです。

さて、行ってみると新日鉄本社だったところはJX、つまり新日本石油と新日鉱ホールディングスが統合したホールディングカンパニーの本社になっていました。

そして、

偶然にも、往訪したその日の日経新聞によれば、その新日鉄が住友金属と統合を前提に、世界第2位の鉄鋼会社をめざすということです。
実に、驚くべき、そして素晴らしい話題です。
世界レベルの精度高い商品を重複なく供給できれば、再び世界企業になれそうですね。

住友グループの精神という「浮利を追わず」の精神で省力化された経営ができればきっと大丈夫そうですね
a0020434_2310162.jpg

by gentas | 2011-02-04 23:12 | News

写真

時々ふと写真を撮りたくなります。意外なアングルですが帰宅途上の道すがら、写真を撮ってみました。

現代社会に生きていると、なかなかこのアングルでは見ないかもしれません

a0020434_654243.jpg


a0020434_66311.jpg

by gentas | 2011-02-01 06:07 | Town Walking

日経ウーマン

1月28日
今日は日経ウーマン賞受賞のMさんにお会いしました。昨年お会いしたSさんと異なり、公職のまま評価されるというのはやや違和感ありますが、直接お会いし話してみると実にきさくな性格と雰囲気を持った方だなあ、という印象でした。

それにしてもウーマンだけに注目し活躍を表彰するという制度は、「底上げじゃないか」などと意見がありそうですが、いずれの方の活動も突出したものであり、その点での違和感はまったくありません。

少なくとも、長年の活動を評価するのですから、頭でっかちのマスコミ受けの良い若者ではない実力派ばかりであり、まったく持って素晴らしい表彰制度ですね

むしろ、「日経ウーマン」として相応しい今後の活躍を期待されるプレッシャーはご本人にとって大きなプラスになるのでしょうね
by gentas | 2011-02-01 06:02 | Urban Design