Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas

<   2007年 12月 ( 36 )   > この月の画像一覧

これからの日本

世界大規模投資の時代―世界同時産業革命で日本に「超」長期好況が到来する
長谷川 慶太郎 / / 東洋経済新報社
ISBN : 4492394834
スコア選択: ※※※

かつて徳間書店から本を出版したことがありました。同社のお抱え記者?とも言われる長谷川慶太郎さんの本も編集部にはところ狭しと置かれており
 「ドル箱スター」 でした。
「貴方にもこういう風になって、ベストセラー作家になってほしい」と編集者からは好きなことを言われましたが、実際当時は頻繁に氏の活躍をTVで見ることができました。最近ではご高齢でもありすっかり失念していました。しかしながら、今だにしっかり本をコンスタントに出版されていたんですね。偶然ですが読みました。

理科系出身、株屋、積極派などと言われますがさすがに面目躍如です。しかし、同書を読むと大所高所だからこそ、見えてくることがよくわかります。

忙しい方、年末の時間あるときに一読をすすめます。少し忘れていたことに気づきます。
[PR]
by gentas | 2007-12-17 06:22 | Recommendation

2万アクセス突破!

2万アクセス突破しました。独り言の割りには読んでいただいたようです。
[PR]
by gentas | 2007-12-15 21:51 | News

解雇

Excite エキサイト : 社会ニュース

解雇とはなんでしょうか。雇用を一方的に解約する際の団体交渉を否定し、しかしながら本体事業は部分的であるが継続していく。そのような場合の解雇を一方的にできるものでしょうか。

かつての丁稚の時代ならいざしらず、雇用者の能力発揮に期待し、発言できるインターネット時代にどうでしょうか。待遇や権利を無視すると、しっぺがえしが怖いことは今回の報道で嫌というほど経験したのではないですか?

実はある会社を清算したことがあります。理由は事業の拡大が見込めず、一方追加投資が必要なためでした。私は生産設備、不動産、車両などの転売などを含めて見直していたのですが、慣習に基づいたある片務契約を発見し、委託者と交渉し弁済してもらいました。けれど経営者は退職金規定がないにも関わらず、これらの金を従業員に分配したのです。
彼らの再就職先も探して、退職金も渡し、無事に清算することができました。

まるで教科書のような雇用関係だったのかもしれません。以前の従業員からは恨みの声もなく、むしろいまだに歳暮など付け届けが着たりしているようです。そのためいまだに元経営者からは感謝の言葉をときどきかけられます。

名門という会社とはずいぶん違うものですね。ですがどちらが正しいのでしょうか
[PR]
by gentas | 2007-12-15 13:33 | News

個人情報保護士の勉強

車中で勉強する人を最近よく見かけます。仕事上受験を強いられている人がまだ増え続けているようです。見ていると、テキスト、過去問を解いている(読んでいる)人が多いようです。

個人情報についての経済産業省ガイドラインなどチェックすべき資料はみましたか?

なお、システムの問題も増えてきて、意外と合格できないようです。ガンバレ

明日、試験日です。
[PR]
by gentas | 2007-12-15 08:57 | Certification

実力差

Excite エキサイト : スポーツニュース

ACミランはとても本気ではなかったように見受けました。感想をいえば、記事のタイトルは、
 「善戦した」 とい書くのが正しい表現のような気がします。あるいは、実力差。アウェイというのでしょうか。ACミランにしてみればおいしい仕事だったでしょうから、地の果ての国Nipponで1点差で勝ったと結果は、政治的バランス感覚とすればすごいですね。でも結局は点が取れない事実は「完敗」というのでしょう。

これを「力の差、実力差」というのでしょうか。

※惜敗とタイトルヘッドはちょっと違うような気がします。でも熱烈なファンの方はまた違った意見があるのでしょう。

でも、世界ナンバー1のチームと戦ったという事実やナマの経験は、きっとこれからいろいろな展開を始めるのでしょうね。観覧しているファンも痛感したのでしょうけれど、戦った選手たちは一番手応えをもったんだろうと期待しています。
いい経験をしましたね!
[PR]
by gentas | 2007-12-14 00:21 | News

言葉

Excite エキサイト : 政治ニュース

いやあ、びっくりしました。
公約って覚えていないんですよね

職位に溺れて威張り散らす愚をするにしても、前日の「いったかなあ」で驚いたのに、公約忘れた!とはすごい発言です。これは「私のいうことは信じてはいけませんよ」と
国民に宣言した
と言ったという意味なんでしょうね。

ねえ、F田さん
[PR]
by gentas | 2007-12-13 22:43 | News

地雷

Excite エキサイト : 政治ニュース

 「ええっと、そんなこと約束、しましたっけ?」 

MP3は今や喫茶店で本を読んだり、仕事(のふり)をするときに必須な騒音拒絶装置と化している私は、優れものの携帯ラジオを一緒に持ち歩いているので、結構世情に詳しいです。そんな私が今日一日だけでも何度も聞いた言葉がこれです。※なお、電車内ではノイズのせいかTV音声が比較的明瞭です。中波であるAMは意外と聴けるレベルではなく、徒歩期間専用です。FMはまず聴きません。

F田さん、優秀な官房長官というか秘書役であったことは間違いありませんが、為政者でこの発言はきっと退陣されるときにも使われるのではないでしょうか?今年の
」にふさわしい失言だと思います。
[PR]
by gentas | 2007-12-12 22:21 | News

大いなる矛盾

Excite エキサイト : 社会ニュース

「そんなこと。。。約束したかなあ」と年金問題解決を公約にしたはずのF田首相の選んだ今年の1字は
」だそうです。

そのニュースを携帯電話のニュースで見た後で、今年の一字が発表されたらしく、その一字が
とは。。。。

正に為政者と国民との意識の大いなる矛盾ですね
(でもしらばっくれて「信」という心が理解できませんね。ブラックジョークにしてはできすぎです)
[PR]
by gentas | 2007-12-12 22:03 | Town Walking

メディアからまた知事?

Excite エキサイト : 政治ニュース

もはやマクルーハンを持ち出すまでもなく、メディアに出たものが政治を動かすのが常道となってきたようです。

メディアはメッセージである」といっていたのが、

お笑いは知事である

となったのでしょうか?長距離マラソン(競歩?徒歩?)をして国会議員になった元弁護士や、女性問題ばかりの3流お笑いタレントが知事になり、今年の言葉に選出されたり、TV司会をした後海外でお土産屋をやって国会議員になったと思ったら「イヤだ」とさっさと辞めたり。。。。なんだか、真面目に政治を勉強する人が減りそうですね。

これらは最後は選挙民がバカだから、などと言われかねませんので注目して選ぶべきでしょう。
確かに職が人をつくり、地位が人を育てる、ともいいます。ある程度の人がなれば政治はできるのでしょう。

でも出るからにはガンバレ!弁護士であるあなたであれば、お笑いタレントと比較されることも、官僚あがりと比比喩されることも少ないでしょう!
[PR]
by gentas | 2007-12-11 21:27 | News

事業継続計画(BCP)監査

BCPについてはちょうど災害対策試験を着手中ですので喫緊の課題となります。しかし、リスクアナリシスといっても膨大な作業であり、ドキュメントのチェックとしてもピンと来ません。
まるで荒波の日本海に対峙して、これから出航するような呆然とし、かつとりつくしまのない絶望感が湧いてきます。

個人的には「コールドセンタ-の火入れ」という響きにはなんかキャンプファイアーの火付けではありませんが、これから何が起きるか、あるいはきちんと動くか、というまるで生命を吹き込むような期待感あるサウンドを感じます。
[PR]
by gentas | 2007-12-10 22:34 | Internal Audit