人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Excite エキサイト : 社会ニュース

我が家は最新のOSがwindowsXPという「遅れめ(一般的)」のmixiユーザです。
mixiを開けて何かおかしいなあ、という程度でしたが
混乱」とは知りませんでした。

セキュリティ保護を理由にwebを書き換えるサイトは多いですが、設定を変えてこのような混乱を招いていることも多いのでしょう。しかし、先進性を誇るmixiですらこのようなことが起こるとは「2.0」もなかなか難しいです。。。。

正しくINETはなかなか手ごわい世界ですね。
by gentas | 2007-10-07 00:27 | Town Walking

内部統制

いよいよ内部統制をしなくてはいけません。とりあえず退任する監査役がお元気なので引く続き内部統制を担当していただく予定です。内部監査との分担はこれからです。

とりあえず監査報告書を明日明後日に仕上げるのが先決です。
by gentas | 2007-10-07 00:23 | Internal Audit
何人かの方にお声かけしましたが、先週の日曜日に
お江戸日本橋寄席」にいってきました。
そう、立川談笑
さんの第70回立川談笑月例独演会に参加するためです。
http://danshou.at.infoseek.co.jp/

近くの会社に通っていたこともあったので場所はわかっていましたが、入ったのは初めてです。予約は1ヶ月くらい前に完売していました。人気あるようです。実際、私がいってみたいなあ、と思ったのも六代目円生
のような完成された芸術性を鑑賞にきたわけではありません。むしろ社会派落語家(そんな分類があるのでしょうか?)として、podcastで偶然にイラサリマケを聴いて「こりゃすごい落語家だ!」とびっくりして早速ナマの談笑さんを聴きたくて予約したのです。実際あとでいろいろ調べると、自身の経歴は弁護士をめざして勉強していたたが受験してみると自分の読みでは数年かかるのであきらめた、と実にインテリで客観的な分析です。その後、予備校講師などを経て立川流の門をたたいた、ということです。いまはTVのレポーターをやり、あわせて落語家をやっているようですが、ネタの作り方、マクラの振り方を聴いていると、これは
談志のホンモノの後継者、いや師匠を超える存在だわい
と確信したのです。

さて、当日の寄席では、お客さんを数えてみると約110名のお客様が集まり、だいたい20名強が女性でした。客の中心層は30才台と60才台のようでした。アベックも数組、おっかけと見られるファンが10名程度だったと思います。40分の「枕」をはじめ、約2時間の間にその他短い演目を3つして終わりましたが、予想していた社会モノなどはなくその意味ではややがっかりしました。

しかし、最後のほうで「実は落語ももう止めようかと思ってきたんですよ」とチラとぐちたのは、すわ衆議院狙いか?と思わず思ってしまいました。もし、出馬したら応援しますよ!でももう少しネタを聴いてきたいです、談笑さん!!
超(スーパー)落語! 立川談笑落語全集
立川 談笑 / / アスペクト
ISBN : 4757213042
スコア選択: ※※※※


追伸:10月21日の次回独演会も完売だそうです。
by gentas | 2007-10-04 23:46 | Town Walking

内部監査士

本気ですか?」。日本内部監査協会主催の講習会に行こうかな、と話題をふったら、会社の同僚の女性にやや軽蔑のまなざしで見られました。
つまり、監査を本気でやる阿呆はいないだろう、という眼です。確かに、コストセンターに所属するかプロフィットセンターに属するかでサラリーマンの評価は大きくかわるでしょう。株券電子化を前に会社の2年後だって、どうなっているかわからないのに、わざわざ評価されないコストセンターを希望するのは、そこだけいえば確かにアホウのすることです。

だいたいがどの会社も
声が大きく好きなことをずうずうしく主張する人間
が出世するのは共通です。大人しそうな、真面目で、一本木で、正義感が強い、いかにも「いいひと」は逆に「要注意」と位置づけられかねません。※若いときに新しくはいった新人をけちょんけちょんに上司づらして指導した部下がいましたが、彼はろくに仕事も覚えないのにそのことを評価され、同期トップで支店長になりました。「被害者」の人は何人かは辞めていったのですが、そのような調査は人事上しないから不思議です。

サラリーマンも終点近くなると(ならなくとも)、そんなことがわかってくるので悩みばかり増えます。

ということで、明日から内部監査協会でお勉強してみます。
by gentas | 2007-10-03 22:46 | Internal Audit

テスタメント(遺言)

テスタメント〈上〉 (新潮文庫)
ジョン グリシャム / / 新潮社
ISBN : 410240919X
スコア選択: ※※※※

高校一年のとき、学校で二人AFS試験に受かったのに「諸般の事情」で行けなかった私は「翌年同級生を後輩にした」落ちこぼれといえます

そんな影響が今頃でてきたのか、英米語サスペンスものは
 「鬼門」 です。
仕事の忙しいときに読みまくる、という逃避癖のある私がそんなときにグリシャムとかアーチャーを読み始めたら悲劇、いや喜劇です。仕事はやらないくせに一挙に読んでしまいます。

「テスタメント」もそんなときに読み始めました。
すごい本です。testamentだから当然「十戒」で宗教の本かとも思いました。(確かに「遺言書」という意味であることはいくつかの相続を担当したことがあり、リアルにわかっていますが日本人なら「十戒」です)。文庫本では解説の方が「6人の相続人と隠れた非嫡子の関係もキリストを連想する」とおっしゃいますが、宗教建築の解釈と同様にじっくりと味わいたい本なのかもしれません。

少なくとも真剣に本を探さない私としてはこの1年の間で一番印象的な本です。
→ということで、原書を入手してきました。

The Testament (Penguin Readers, Level 6)
John Grisham / / Prentice Hall College Div
ISBN : 0582437067
スコア選択:

これから。。。

P.S.ブラジルの広大な湿地帯というのは興味が沸きます。来年あたり行こうか知らん

テスタメント〈下〉 (新潮文庫)
ジョン グリシャム / / 新潮社
ISBN : 4102409203
スコア選択: ※※※※※
by gentas | 2007-10-03 01:22 | Book Worm