人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

写真家という職業

http://www.tnprobe.com/contents/other/hatakeyama.html

ノンポリだった学生時代の頃には、
キミはなにになりたかったの?

こんなストレートな質問を最近聞かれました。はて?私はナニをしたかったんでしょうか??

うっすら覚えているのは「カメラマン」です。
当時あった写楽とかA+U、新建築とかになんどか社会派風の写真を投稿して小遣い稼ぎをしてきた私としては漠然とそういう仕事をしたいなあ、と思っていました。しかしながら、ビンぼー人の悲しい性といいますか、残念なことに○村総研とは△井総研とかのシンクタンクからお呼びが来たのでそこで社会人を開始しました。当時は「どうせ、すぐに大学に戻るんだろう」と漠然と思っていましたがズルズルとサラリーマンとして現在に至っています。

さて、そんな夢のような職業ですが、どうやら似たようなことを考え、私と違って写真家になったかた畠山直哉さんの「写真家と建築」の講演会が来週あります。大林組のTNプローブが主催しますが興味ある方はどうぞ。

え?私ですか。幸いなことに大手町で新会社法下の連結決算処理の説明が親会社であるので、もちろん早く終えて参加する予定です。

Nさん、Tさん、Yさんへ時間があればいきましょう。UNADONさんが汐留のショットバーでごちそうしてくれることでしょう!

a0020434_0335346.jpg
by gentas | 2007-04-20 00:28 | Recommendation

ゆるふん

金融関係新聞では日経金融新聞がメイン、ニッキンがサブ、英字ではFTがメイン、WSJがサブというのが基本でしょう。

ニッキンや月刊金融ビジネスは「金融業界の週刊ポスト」とでもいえるような情報があふれ出し、いつも啓蒙受ける雑誌として、私は比較的にゆったり読めて好きです(この感じ方は「Forsight」や「選択」と一緒かもしれません)。しかし、ニッキン、FT、税務通信などは「正調」な資料として慎重に読むくせがついています。その日経金融新聞の一昨日の一面が、

ゆるふん監査一掃

でした。ゆるふん?新しい専門用語か?と一瞬悩みましたがどうやら「文字どおり」の意味でした(つまり、緩い褌=だらしないこと)。へーやるじゃない、日経も。a0020434_0321458.jpg

藤沼亜起日本公認会計士協会会長によれば、日興コーディアルやカネボウの不正経理を看過したと糾弾された監査法人に警告を発するとともに、不足する監査法人や監査人についての公認会計士法改正について、有限責任制導入などの傾向を受け、ゆるふん監査を一掃する準備が整いつつあることを強調されていました。
by gentas | 2007-04-18 05:53 | News

トイレーダー

やはり、ね。

最近妙に階段やトイレをウロウロしたり、昼食時に真剣に携帯電話をする人が多いとは思いました。

株式市場の月曜日が怖い、というのもずいぶん前から言われていました。何故なら休日を利用して、友人から聞きだし、あるいは研究を重ね「俺だけが知っているんだ。あとはバカばかりだから気づかないんだよ」と思い込んで売買の注文を入れるからのようです。

はて?よくよく考えてみればインサイダーは大丈夫なんでしょうか?

天下の名跡林家○蔵を襲名しても、しっかり脱税する奴もいます。自分は人間国宝にでもなったつもり(約束されたつもり?)かもしれません。しかし、△税署などの人にいわせると「追徴課税され修正申告っていうのは立派な罪。しかも歴史的にもっとも恥ずかしい脱税」だそうです。修正しました、じゃ済まされないのでしょう。よって□平が大化けしたつもりだったのが、「しょせんはコメディアン」と地位失墜させたのでしょうね。あーあ、落語好きとしては実に残念なことでした。

しかし、トイレーダーとは、実に「臭そう」な名づけをされたものです。個室に入ってじっくり考えてするのか、隠れてするのかわかりませんが、「くさいにおい」だけは置いておかないようにしてもらいたいものです
by gentas | 2007-04-16 22:43 | News

成長への階段

Excite エキサイト : 社会ニュース
「吉本興業」

一連の報道は「大阪のコテコテのおもろいお笑いの会社」から、急成長し多面的な展開がすすむ好業績な上場会社としての企業価値を世間から云々される
公開企業として「成長の階段」での出来事
なのでしょう。
子供が大人になる、試練のひとつ、みたいなものでしょう。

極端にいえば、ここで膿がでるか、つぶれていくかが分かれ道、なのでしょうが、どの創業家でも起こっている「お家騒動」として、暖かく冷静に見ていてあげませんか。

個人的には今回の騒動を乗り切り、一流企業へと発展していってもらいたいと願っています。

え?株式は持ってませんよ。ステークホルダー(利害関係人)ではなくあくまでささやかなファンとしてのコメントです。
by gentas | 2007-04-12 00:09 | News

マイケル・コナリー

ナイトホークス〈上〉
マイクル コナリー / / 扶桑社
ISBN : 4594010415
スコア選択: ※※※※

原題「The Black Echo」が何故かナイトホークスです。どうやらベトナム戦争中のベトコンの穴の中の恐怖に満ちた時間・空間をBlackEchoと呼んでいるようです。なかなかいい表現ですね。でもなぜNightHawks(夜の鷹)なんでしょうか。これはTrunkMusicという作品の表裏で読むとまた愛読者の意見が様々でそうです。ところで、あいかわらずおもしろそうな本ばかり読んでいるグータラな生活がバレてしまいますね。最近は通勤途上で読みまくりです。まあ、それを枕にしばし居眠りの時もありますが、最近はマイケル・コナリーです。勝手な思い込みとは思いますが、何故M.コナリーがおもしろいかというと、やはり原作もいいのでしょうが、翻訳が実に日本語だなあ、という練れた点もあります。ここまで訳されると原書を読んでみたくなりますね。
by gentas | 2007-04-10 23:18 | Recommendation

野球放送

高校生の頃からベン学(狭い空間で本を読む)習慣がついた私にとって、風呂場も重要な時間です。本を読むことは無理だと判断しましたのでもっぱら受身の情報収集です。風呂場TVの購入を検討したことがありますが、それほど長く入浴しないし、ましてや受信状況が悪そうなのでもっぱらラジオを聞いています。

お風呂場ラジオはなかなか優れものでTV番組もFM、AMも予想以上にクリアに聞けます。CDも聞けますが、やはりなんども落下させたのでついにCDは壊れました。そこでCD、MP3も聞けるラジオを購入しました。でも結局はラジオが主体です。

仕事から帰り、ホッとするときに某社のディベートのような番組は気が抜けるような、それでして時勢にそくした激論があり、よく聴いています。もっとも、そして唯一聴く番組といっていいでしょう。ところが最近伏兵が現れました。

野球中継です。

子供のころに親しみがなかったせいか、まったく興味がありません。ということでこの時期はどのチャンネルも野球、ヤキュウ、MLBだ巨人だ、とラジオが聴けなくなり、風呂もなんだか落ち着かなくなり好きになれません。実は「君はどこのファン?」と聞かれるのも少し不愉快です。必ずファンがいると思っているのでしょうか?どこもそんなに興味がない人がいたっていいと思いませんか。

Redsoxが優勝したときに、偶然Bostonにいたことがあり、優勝投手のディナーに参加したことがありました。米国の仲間たちやMITの連中はRedsoxのユニフォームに着替えたりと相当に盛り上がっていました。
私?私はもっぱらその投手の演説だけを一生懸命に聞いていたような気がします。
by gentas | 2007-04-09 01:45 | Town Walking

勇み足ではないのか?

Excite エキサイト : 社会ニュース

TV報道では、あたかも発見者を容疑者のようにあつかっています。しかし、文字だけを追っていくと、そして発見通報者の発言が正しいとすると、警察は決して容疑者と特定しないが特に容疑者がいないので慌しく対応しただけ、ではないのですか?
まるでそのように読めました

それにしても
容疑を特定せず家宅捜査
というのが恐ろしい、ですね。「第一発見者が一番疑わしい」という警察独自の経験なのか対応を受けるようですが、通報や発見も相当なリスクがあることがよくわかりました。

もし、これで容疑者と特定できなければ、今後の発見・通報など市民の協力は相当なダメージを受けるでしょうね。

少なくとも事実は、①被害者が刺された、②直後に発見/通報者が通りかかり、被害者を起こしあげ、血がついた、 ③血がたくさんついたので着替えて通報に警察へいった、というのは事実らしい、④被害者/通報者が加害者と特定するコメントなどは公表されていない、ですね。
by gentas | 2007-04-08 15:26 | News

長電話

東京で育った私は、子供の頃の週末のおでかけはだいたい秋葉原周辺でした。阿佐谷・高円寺まで自転車で行き、秋葉原あるいは神田、東京で降りてあちこち歩きました。記憶にあるのは「片道90円」。すなわち180円あれば一日が楽しく刺激的に過ごせたのです。今、思うと昼食とかはどうしていたのでしょうか?当然、何かを買うなどという発想は持っていなかったようです。

撤去される交通博物館、上野の国立博物館やお金のかからないラジオ会館、中央郵便局、逓信博物館などはなんども行ったようです。だいたいが単独行動だったような気がします。

そんな子供時代を過ぎて、学生時代の多感な一時期はそれでも友人と時間に関係なく電話して、長電話で親に怒られたりしていましが、社会人になってからは電話はそれほど重要なものではありませんでした。特別な用事があるときにかける、あるいはかかってくるものでした。

いまは家族との連絡や仕事上の緊急連絡で「携帯電話」はなくてはならない存在です。昨年までの職場では、グループで出張し出張先で連絡しあわなければならないのでした。会社からは支給されず、皆んな黙って携帯電話を買っていましたが、考えてみれば変な話です。「マル査なんかの人は月に何万円も払うんですよ」ということを聞いたことがありますからたまったものではありません。

さて、休みの日に家族に電話がかかってきました。長々と話をしていました。2時間まではわかりました(何故なら途中で外出したから最後がわかりません)。長々と話すのはIP電話というのが普及しているからでしょうか?そばで聞いていると、決して相手との関係で話しをするというわけではなく、「溜まっていたものを吐き出す」ようでしたので黙ってでかけました。そうすると、電話の機能には

a0020434_4274487.jpg「心理的なリフレッシュ機能」があるのでしょうか?

昔から出張が多く、朝早くでかけ夜遅く帰宅するので「朝ごはんはいるけど夜は不要」ということを認識してもらっているのですが、いつの間にか「朝も夜もなし」と下宿人のような日を送っています。それがついに「昼もなし」になったようです。でもご飯が炊いてあったからラッキーでした。パン好きの女性陣はくあまりご飯を食べないようです。味噌汁も嫌いなようですが。
by gentas | 2007-04-08 13:49 | Town Walking

AU試験

来週はAU(システム監査技術者試験)ですね。これは勉強しても間に合わないことが前提です。つまり、CISAの前哨戦として、模擬試験みたいなものと思っています。

だいぶ前にUNIVAC1110、IBM3090などの超大型コンピュータ(当時)やVAX11などの戦略マシンに触れる機会があり、また大型のシステム開発のお手伝いも若干あります。そこで当時を思い出しつつ本を読んでますが、あまりに内容が変わってしまっているのをひしひしと感じます。

今週は緊張する一週間です。
by gentas | 2007-04-08 13:27 | Certification
Excite エキサイト : 政治ニュース

老父が倒れ、老母が失明しかかっていると重大な病気の事実がわかり、真剣に今後の彼らの具体的生活手段について、家族が悩んでいるときに
5,000万件の年金番号が確認できない」(表現は記憶違いの部分があるかもしれません)というニュースにさすがに驚きました。

彼ら、社保庁がいかに
高邁な精神にのっとり、粛々と年金事務を行っている
と主張しても、全労働人口が6,000万人ちょっとのはずなのに、5,000万人の番号や契約が実はわかっていない、って!トンでもない割合です(現役と比してほとんで全部って??)

それじゃまるで
僕ぐらい偉い人は当然細かいことは知らないけど、誰かシモジモがやっているはずだから聞いてみてよ
とバカボンに言われたような気がします。

いたんですね「天才バカ」いやバカボンが。

老父老母の年金を調べてみようという気力はなくなりました。これぐらい深く
何もやっていないことが証明される」と当然彼らは職務怠慢で、彼らに給料は払う必要ないんですよね。

え?まさか
自分たちは天下国家のために働いているから給与はあるし、専門家として年金はしっかり管理している、ですって?

それじゃ、
盗人に追い銭」っていう格言を教えてくれるためにいるんですか???a0020434_23343023.jpg


お仕置きしてあげて下さい!
by gentas | 2007-04-05 01:27 | News