人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas

2011年 09月 22日 ( 1 )

あり得ない恐怖

誰もが認める日本を代表するM社のウィルス感染・情報漏えい問題が大きく新聞、マスコミで取り上げられました。※某TVでは元事務次官コメントを出演させ、
「国防に関する情報漏えいはありえない、国家レベルの謀略だ」」と叫ばしていました。

一方、その企業の社会的地位や扱っている国防あるいは高度な技術情報といった内容から、とても外部から侵入されるような体制だったとは思えず、
「一体何が起きたのだろう?」と実に不思議に思っていました。

そんな気持ちでいたら、
9月22日、国会でのメール追及以来、有名になった日本を代表するセキュリティ企業の1つ
LAC社からコメントが公表されました。

http://www.lac.co.jp/column/20110922.html
同社西本逸郎さんは「長期にわたり高度で執拗な標的型攻撃で潜入を試みるもので、
新しいタイプの脅威
(※高度で長期的な標的型攻撃 日本版APT(Advanced Persistent Threat)というそうです
)だ、と警鐘をならしています。

なるほど!
高度で長期な攻撃かあ、よくわかったような気がします。閉鎖的なイントラネットにどのように侵入するかも問題ですが、守りが厳重なものに限って慢心に至るのはよくありうることで、実に恐ろしい話です。

関心ある方は、同社コラムもあるようですので一読をすすめます(上記URL)
by gentas | 2011-09-22 18:16 | Internal Audit