人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー

2010年 10月 03日 ( 4 )

日韓交流

日韓の伝統文化を通じて市民の交流を深めるイベント「日韓交流おまつり 2010」が2日、東京とソウルで開かれた。東京・六本木での開幕式に出席した前原誠司外相は「最も大切な隣国とのきずながさらに深まることを祈念する」とあいさつ。。。韓国の歴史・文化に触れようと、約3万人の一般客が詰めかけた。
 日韓併合100年となった今年の日本側のテーマは「ちがうを楽しむ。おんなじを喜ぶ」。韓国人学校の生徒による伝統舞踊や両国文化を融合した踊り「よさこいアリラン」などが披露され、韓流スターも登場、場内は大いに沸いた。。。。
日経新聞記事より

10月2日日韓交流まつり、が日韓で同時に開催されていました。まったく偶然ですが、朝からでかけていた私も出先で知り、二国間のイベントとしては小規模かもしれませんがたくさんの人が集まっていました。

そういえば、先日大学に行く用事があり、久しぶりにJR大久保駅に降車しました。指導教官が故大内兵衛さんの大久保の土地に自宅を建てていたのでよく通ったものです。

なんか韓国テイストが増えたらしいね」とは聞いていました。。。。

実際は、韓国関連の店舗ばかりでもうびっくりです。年配の女性だけでなく、学生ぐらいの若い女性たちがわんさかと歩いています。ここは韓国文化の原宿か?(おばちゃんの原宿、巣鴨などといいますが、今は人気先行で大久保は落ち着きがないようでした)

駅前通りに面した店舗は特にこれといった特徴なかったはずですが、今は
駅周辺は韓国テイスト一色
といっていいでしょう。まったく知らない韓国俳優のブロマイド写真やお菓子がわんさか店先にありました。※でも意外に売れていないように思いました。さすがに見物だけなのでしょうか?

しかし、”韓国村”のような社会的場所になるようには、見物だけでなく、もっと購買を高め、料理をたべ、安心安全で日常的な機能をもたないと消えていってしまいそうに思いました。

PS.家族に諭され、「チャングム」だけは見た私としてはチュンジョムナプタンをぜひどこかで食べてみたいです。

宮廷女官チャングムの誓い DVD-BOX I

バップ


by gentas | 2010-10-03 15:36 | Town Walking

RWTH

10月4日、本当に久しぶりの旧友との再会が予定されています。

実はよく知らなかったのですが、
アーヘン工科大学(RWTH)     
は化学などで有名らしいです。私は北ドイツという地の利があったので、H.Scharounなどの設計途中のホールなど調査やG.Boehmさんの建築・都市計画の実態を見て、報告書を作成するためにいました。
※一部は新建築やa+uなどに投稿しています(そういえば学会などには出したことがなかったですね)
a0020434_21162756.jpg

思い出はいくつもありますが、ハンセン病の特効薬であるthalidomideの製造会社があったのでしょうか?何人かの被害者を日常生活でみかけました。
特に印象的なのは、夏に半そでのブラウスを着ていた若い女性が堂々と短くなってしまった手をだしていたことです。

人間としての自信を中心に、隠すことがつまらないこと、と主張しているように思いました。だいたい公園の近くで会いましたねえ。
by gentas | 2010-10-03 13:29 | Urban Design

情報化セキュリティ月間

10月1日は、10月の情報化月間のイベントとして、例年どおりシンポジウムが行われました。
http://www.johogekkan.jp/special/

もちろんここでも目玉は経済産業省の方針説明です。30分程度ですが年間の方針すべてがつまっているので聞き逃すことはできませんね

情報セキュリティ大学院などからの参加あり、ひさしぶりに講師陣に会いました。
いよいよセキュリティの時代、なのかもしれません。
by gentas | 2010-10-03 13:09 | Internal Audit

尖閣諸島

尖閣諸島を巡るニュースはひさしぶりに国際問題として緊張感あるもののように聞こえました。
自虐的にいえば、かたや国名に示されているように”世界の中心”と思い込み、都市・農村部間の経済格差が目に見えて拡がっている、”成長著しい中国”、そしてかたや55年体制が崩壊し、少子高齢化がすすみ、経済が縮退化する”日落つる国”日本の間であるから。

しかし、今回の一連の報道は一般市民にとって実に不思議です

1.国際法に照らしても領土であることは明らか、というのなら何故マスコミや学会は整然とおかしい、という説明や主張をしないのか?
2.もし、仮に領土問題がやや決定していないのなら、何故中国はあのような断固たる声明をできるのか?国際社会での地位があるのにそれを放擲してしまうリスクを考えていないのか?持たないのか?
3.(最も気になるのは)外務省はなぜ声明や断固たる反論をしないのか?給与が20%削減されるから、だまって政治家にやらせようとしているか?(ならば
総とっかえしたらどうでしょうか
a0020434_21175477.jpg商社やメーカー、学者でできるのではないか)
4.なぜODAなどの凍結など報復をしないか?やられっぱなしは日本固有の美徳なのか?
5.(そもそも)固有の領土ならスマートグリッドならぬ原発作ります、ぐらいの揺さぶりを提案しても反応があるのではないか?「微妙な問題なのでそれはだめ」などとやっているから戦後60年間頬っておいて、その間は外交官が税金をつかってハニートラップに遭遇するのではないか※そういうレベルだから丹羽大使の「タラオケ出入り禁止令」などという、小学生レベルの幸せボケた話題を作るのではないか?。。。。


”international”という概念は陸続きの国境の場合、という説明を聞いたことがあります。つまり、その説でいえば、海に囲まれている日本は、文化的に国際化を認識できていないようです。

どうも日本の”密室談義”手法は少なくとも現在はまったく通用しないようですね
by gentas | 2010-10-03 00:30 | News