人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas

2010年 01月 07日 ( 2 )

日本の電車などの公共交通における椅子などの
定格(寸法)はどうなっているんでしょう。詳しくは知りませんがJIS(日本工業規格)なのか、国土交通省大臣認定とかあるんでしょうか?とにかく座席は狭いです。もちろんこれは体格の問題で個人差があるのは十分わかっています。しかし高度経済成長をとげ、体格も欧米人化に大きくなっているのに少し小さいように思うのは私だけでしょうか

しかし、それよりも、あたかも横に寝そべる人を排除するために、肝心の一般利用者にとっても
乗るべき人はこのサイズで何人
と指定されているようで、少し不満です。それも2とか3人用席とかですから、荷物を持ったおばさんが1人いたり、おしゃべりに夢中な年配女性(あ、これもおばちゃんですね)、大きな体のおじさんがいると当然堂々とひとつ分、つまり2人席3人席が占領されます。

さて、それ以上に最近気になるのは隣人です。
寒いため着膨れするのに、肘を押してくる人たちです。これは男女年齢を問わないようです。その理由は

1.本を読んでいる人
堂々と本を広げるのでぎりぎりの幅なので当然ぶつかってきます。

2.ゲームをする人
大体が若い少年あるいは青年、ときどきおじさんです。特にPSPが多いように思います。ひょっとすると止めるに止められないゲームがあるのかもしれませんね
a0020434_23364735.jpg


3.携帯電話をする人
これが非常に多い。女性も男性も関係なく、皆さん夢中で気づいていないようです。実に堂々と、そして黙々と電話に向かっています。観察すると女性はメールを男性はゲームが多いようです。でもそんなに集中して危険を感じませんか?
※私ですら道路上などで電話したりするときは、立ち止り、ラジオを聞くときはせいぜい電車内ぐらいです。

4.居眠りする人、あるいは自己主張する人
要は肘を組んでいるんですね。これは気づかないと周囲に迷惑です。

どうです、身に覚えありませんか?
車中マナーとしてお互いに注意しましょうね

PS.私は遠距離通勤なので、「座ることができると寝る」習慣になっているようです。従って、隣の人に寄りかからないようにいつも注意していますが、実際はどうなのでしょうか?少し不安ですね
by gentas | 2010-01-07 23:43 | Town Walking

歯医者

医者嫌いの私ですが、歯医者さんからは逃げられません。ましてや今の職場の近くには驚くようなタイプの歯医者さんを発見したから気が楽です。

理由:

1.(良い意味で)いい加減
「あー雑菌が入りましたからもう一度来て下さい」などと言わず、さっさとすませます。まるで
プラ模型を修理する、かのように治療します。
※大阪の歯医者は消毒だけで何十回と通院させられ、正直二度と名前も聞きたくないです。実際、その間に別のところが悪くなり、しかも転勤したので時間と金と歯を失ってしまいました

2.予約不要
夕方以降は予約ではなく、
早い順に治療。そのためトラブル持ちには大変ありがたい

3.安い?
どういう訳か、同じことをしてもらった他の歯医者さんより安いような気がします。決して点数制度がかわっただけではなく明細もしっかりしています

4.説明が明快
これは言うまでもありません。高額な自由診療(保険適用外)に誘導するわけでもなく、治療方針にも相談に乗ってくれます。

さて、いいことずくめの歯医者さんですが、治療後雑談していると妙なことをいいます;

「最近は30才ぐらいまでの人の収入が減っているんだって。そういえば
患者が少ないんだよね

確かに、正月明けというのに人も少ないし、まして患者さん風の人は
おばあちゃんだけ


。。。。ということは私はおばあちゃん並でしょうかね?

1/6本日の新聞などに「地方公務員も不況の波を受け、年収は昨年並み」と相変わらず何を書いているのかわかっているのか不明な記事がありました。公務員サイドから公表された配信記事なのカも知れませんが、冷静に考えれば「民間が高いときは何かと理由つけて、差を縮めようとしたのに、逆の時は下げようとはせず、自分たちは上がったいない」、と墓穴を掘っているとしか思えませんね。
そういえば、民主党小沢代表の言葉に記者クラズ廃止があったように思いますが、これなども少し考えて記事にしてほしいと思いますね
※個人的には小沢さんの発言はほとんどすべて賛成派です
by gentas | 2010-01-07 01:53 | Town Walking