人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2009年 12月 13日 ( 3 )

Excite エキサイト : 政治ニュース

「前原誠司国土交通相は・・・・・知事が廃港を主張している大阪空港について「国内空港として果たす役割がある。近場の方々のニーズは高い」と述べ、存続を明言した。関西空港の視察後、記者団に語った。前原氏は大阪空港について「騒音問題があり、航空機を飛ばせる時間も限られている」と問題を指摘した上で「小型化しながらも、存続させることが大事だと思っている」と述べた。」

私は最近、いや昔から捻ているのかもしれません。
「大阪空港は騒音で迷惑だ。だから神戸に空港を、と意見をまとめてきたら、嫌だというので関空を作ったが、なくなるのは困るので大阪空港を残した」という今までの
関西の政治力学を前提に、大臣の発言を理解すると、
大臣が発言すると方針は変わる
ことを明らかにしたのではないか、と思います。

従って、「残すといったけど、それは前の大臣で、だから廃港しよう」という将来像もあるのかな、と思います。

個人的には便利でよかったけどなあ。。。。。

PS.もうすぐ神戸空港のJALが全面撤退するらしいので、来週の出張は神戸にしたかったのですが、残念ながら乗れそうにありません。
by gentas | 2009-12-13 21:52 | News

ココファームの収穫祭

私は数年来遠距離通勤を繰り返す地味な日々を送っています。しかしながら、
今年は何をやったの?」といわれると今年に限っては2つの目標をクリアしました。

1つは、
黒部第4ダム見学
で、関西電力・国土交通省・UR都市機構・大阪湾ベイエリアの専門家諸氏と同行できたことです。1年前から申し込み、古くからの知人である点を差し引いても達成できてうれしい限りです。

特に、関西電力の知人からは「これを読んでおくように」と数冊の本も読まされましたが、事前学習に非常に役立ちました(なお、黒四については日本都市計画家協会の原稿に取り上げさせていただきました)

そしてもう1つが、知的障害者更生施設こころみ学園が主催する
ココファームの収穫祭参加でした。
こちらは、偶然にも新橋の某ワインハウスオーナーにつぶやいた時、「毎年行きますけど一緒に行きます?」と誘いを受けて便乗しました。もっとも徹夜明けに参集するというハードワークで、本当のところ体調はひどくワインを楽しむ余裕はまったくありませんでした。

しかし、崇高な目標を持った施設運営の成果を披露する、というお題目と実際はどうなんだろう、というやや疑いのまなざしで参加した私が恥ずかしいくらい立派な存在感あるイベントでした。

参加された方々は純粋に楽しみ、そして生産に携わった人たちその家族も実に誇らしげに楽しそうにしていたこと、そして運営自体も実に計画的に実行され、「施設の人たちだから」などと間違っても思えない地域の大イベントとして定着していました。

偶然にも生徒の家族の方との話をして、子供を遠方に預けていることやそこが施設であるなどと一片たりとも感じさせない自信や誇らしさを感じました。恐縮なことに特大白ワイン1本もいただくことになりました(すぐに消費されたようですが)

a0020434_14175542.jpg
・・・・誠に恥ずかしいことに、計画して実行することをずいぶん長く忘れていたことに気付いた1年でした。
来年以降は、「来年はあれ、再来年はこれ」とノルマをこなす様に
とにかく実行したいと思います。
by gentas | 2009-12-13 14:14 | Town Walking

大規模再開発

次回は大規模再開発でいくからな

修士レベルといったら怒られそうな演習において、某氏の高らかな発言があり、多数の学生は息を飲んだような気がしました。確かに実践を経験し、地域住民の怒号やかけひき、更には事業性の確保などのドロドロした経験がない者にとってはなんのことかわからないのでしょうね。
http://www.mlit.go.jp/crd/city/sigaiti/materials/tayou/images/tayou.pdf#search='身の丈再開発'

現在の、UR都市機構や国土交通省でも建築基準法・都市計画法の運用を含めた
身の丈再開発を主張し始めているようです。
a0020434_13511455.jpg

日本が縮み始めていることを前提にした行政による指導が需要になってくるのはまちがいありません。

PS.しかし、「身の丈再開発」とはなんともわかりやすくかつ珍妙な表現です。さすがは役所仕事です。柔軟なアタマをお持ちの諸兄でいい表現ありましたら教えて下さい。

※また、URは民営化で賃貸のみをやっている、と思い込んでいましたがまだ再開発などは積極的に関わっているようでこれも少しびっくりしました。
by gentas | 2009-12-13 13:51 | Urban Design