人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2009年 09月 13日 ( 2 )

勤労学生

連休はどこへいくんですか?」

近所の床屋さんに行ったときに何気なくそう聞かれました。はて?そういえば、休みだからどこかへいく、という発想をしなくなったのはいつからだったでしょう。事実、何もまとまった予定を作ろうとしない、私はふと考えてしまいました。過去に思い出せるのは、突発的な家族旅行ばかりでいつもあまり楽しかった記憶より、わがままな家族ばかりが残像となります。何をいっても勝手ばかり主張して。。

どうもこの「家庭」というものができてから、不思議なことに
「計画的な生活」ができなくなっています


今度の連休は休めるからどこへ行こう、などという話を提案して、素直にまとまったことはないようです。きっかけをつなぎ、「それが目的ならこうしない?」などという発言は皆無です。まるで、立ち退きに反対する地権者のように少しばかりの言葉尻をつついて攻撃していくくる自我の塊です。1+1>2なんてことを想定していましたが、マイナス作用のほうが大きく、そして残念なことに大抵の家庭では似たりよったりのようです(鳩山家のような相乗効果はないようです)

これは由々しきことです。

しかし、時すでに遅し。明日はカリキュラムの調整、そして来月から私は「勤労大学院生」が始まります。そして土曜日は基本的に終日学校です(本郷界隈に自転車をおき、学生生活を復活したいと願っています)

もっとも大学院は2度目ですからなんら期待レベルも高くありません。それに、法科大学院以外は資格に関係なく会計も含め不人気と聞きますから大した存在ではないのでしょうし、「先生」になるのが目的なので矛盾だらけですが。。。
by gentas | 2009-09-13 21:54 | Urban Design

調査とは

或る「小倉日記」伝 (新潮文庫―傑作短編集)

松本 清張 / 新潮社



初めて松本清張を読んだときは、なんと小説は緻密なのか、と感動したことをいまでも覚えています。しかもそれが仕事をしながらまとめたことをしり厳しい小説家魂を知ったように思います。

偶然、先日「小説新潮」で松本清張特集があったので久しぶりに読み返して興味あることを発見しました。

小説新潮 2009年 05月号 [雑誌]

新潮社



時間が不足かちな売れっ子作家のために編集者が資料などを集めていた、「松本清張機関」という調査機関があった、ということのようです。

最近は何かとハウツーモノが出版され、特に「東大生のノートは必ず美しい」などは説得力あるのか評判のようです。

東大合格生のノートはかならず美しい

太田 あや / 文藝春秋



しかし、地道でそしてパトスに満ちたこれらの親衛隊とも呼ぶべき専門家の調査にはかなわないでしょう。

私が某シンクタンクにいたとき(まだそのような言葉があまりポピュラーではなかったとき)、
耐力、悩力が重要と言われ、簡潔すぎる表現に唖然としましたが基本はその通りだと今でも思っています
by gentas | 2009-09-13 19:42 | Recommendation