人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2008年 12月 20日 ( 1 )

不安定な1ヶ月

今週は23日の天皇誕生日を利用して、年内最後の4連休として休暇を楽しまれている方も多いでしょう。実際、大阪駅や東京駅、新宿駅などの主要駅周辺にはおしゃれなスノーボードを持った若者をよく見かけます。昔と違ってか、目立つのは既製品の実にしゃれたケースや服装の彼らで、ゆとりある充実した生活をしているように見えます。自分のことを思い出すとゆったりと冬を過ごしたことはなく、せいぜいがアメ横などの繁華街を徘徊し、「今年も厳しかったけど一年が終わるのだなあ」と反省するばかりだった気がします。

しかし、今年はサブプライムローン問題を端緒とする経済そのものの疲弊などが一挙に顕在化した年であり、年初後、特に1月20日以降に発表されるであろう米国そして実質的に自由主義経済のリーダーである次期大統領の演説や経済政策が注目され、それまでは非常にナーバスで不安定な状況かと仄聞します。この1ヶ月は激動の前の静けさになりそうです
(※1月20日は就任式があり、大統領就任そして閣僚や施策が初めて明らかにされます)

周辺の方から、なぜかよく景気について聞かれます。半分はからかわれ、半分は本気でいろいろな人間の考えや情報を確認しているとは思いますが、一般の方はだいたい同じことをいいます。「この数ヶ月たいへんだったけれどこれからどうなるんでしょう」。そして私の回答もだいたいいつも同じです。そしていつも「嫌な答えを聞いてしまった」という顔をされます。私の答えは、

これからが本番

自動車産業ひとつをとってもアナリストの予想した影響範囲やスピードをはるかに超えた反応がでています。関係企業への影響やそれを受けたリストラなどもこれからが本番。そしてサブプライム問題に向けた実効性ある対策も、現政権でだいたい打ってしまった新大統領のうちだす施策に対し、失望しないことを祈念します。
by gentas | 2008-12-20 17:11 | Urban Design