人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2007年 05月 26日 ( 3 )

千代田区立中央図書館

中央図書館が移転・建替えられたようです。HPを見ると会員になると座席の優先的予約が可能ということです。ただし休日は休みらしいので平日にいってみたほうがいいでしょう。なんせ閉館が22:00
リーズナブルに遅い のが魅力です。

昔は平日の夕方が非常に落ち着いた感じでよかったのですがどうなったんでしょう。時々鉢合わせになった上司のO部長はすでに子会社の社長も退任し、今では会長職だか監査役だったかと思います。時間のたつのは早いですねえ。。。。
by gentas | 2007-05-26 22:33 | Book Worm

プロフ

携帯プロフというのが主として中高生で流行っているようです。何故知っているか?というと自宅にPCを置いていたら記録が残っていたのです。今日、わかりました。2日前、既視感(デジャブ)というわけではありませんが、メールアドレスやなんやかんやと厳重に管理している自分のPCから漏洩し、貯金が底をつき子供が退学する夢を見て、2時間しか寝ていないのに驚いて飛び起きたことがありました。

プロフ自体は実に子供らしい、というか幼い内容です。誰と写真をとった~とか「あいつ嫌い」とか実に稚拙で一方的な自己表現ばかりです。例えていうならば、インターネットの訓練というか、携帯の使い方もないので時間つぶしにやるもののようです。やはり、本能的な反応を繰り返すので、ワンクリック(詐欺)、ボット(ただ乗り)、トロイの木馬(ウィルスあるいは情報漏えい)などが懸念されますが、まだ社会問題になるなど顕在化していないようです。しかし、アクセスが頻繁すると狙われるのは過去の経験から十分にあります。ただし、新聞・雑誌報道によると、個人の映像や名前、メールアドレス、学校、誰と友達かどこらへんにいくか、どのあたりに住んでいるか、出身学校はどこかなどなど、社会人ならひっくり返りそうな
個人情報だらけ  でそれらの情報流出が問題視されているようです。

こんなことがあろう、とすでに予想していて子供には
インターネットのみ使用するPCを与えていたのです。しかし彼女たちにとっては、散々説明しても家電製品と同じで、しかもことあらば親が対応する、ということが当たり前になっていてリスクということがわからないようです。

うーん。例えば、交通ルールを守れということは事故の恐怖はなってみないと理解できないのでしょうか?どうやら社会的ルールは逆に守っているようです。家の中はDMZ:安全地帯なのでしょうか?

こうなったら残念ですが、分別管理を徹底するしか方法がないようです。
そういえば、こづかいもほとんどあげていないはずなのに何故かお金を持っています。雑誌もたくさん買ってきて、そのたびに家人に叱責されていますが、どうしてなんでしょう?
by gentas | 2007-05-26 17:33 | News

マスキング

いつからか失念しましたが
六代目円生を集中して聞きました。多分、微かではありますが存命中の落語を聴いたから、ある程度郷愁にも似た確認作業として熱中したのかもしれません。ちょうどMP3製品が出始めた頃なので家中にカセットテープ、MDそしてMP3などのファイルとしてバラバラにあると思います。

引き込まれるような語り口や喋り方は努力のあるでしょうが、実母が義太夫語りであり、本人も5才のころすでに豊竹豆仮名太夫として義太夫の舞台を踏んでいたという天性の才能もあるのでしょう。

しかし、探してみると実に多くの全集がでているので多分30%程度しか聞いていないと思います。でも、出張の多い時期だったせいもありますが、毎日のように聞きまくっていたような気がします。従って、その頃はカバンの中にはカセット、MDあるいはMP3プレイヤーが必ずありました。

さて、時間がだいぶ経って今はどうなんでしょう。実はMP3プレイヤーだけはほぼ毎日持ち歩いています。でもあまり聞くことはありません。休日の公園などのアウトドアでクラシックを聞いたり、あるいは元気がないなと自分でもわかるときは帰宅途中でロックを聴きます。一時期のような落語熱は落ち着いたような気がします。

ところで本や資料を読まなくてはいけないのですが、場所はといえば、つい帰り道の電車や昼ごはんの食堂や喫茶店でそれらを読みます。しかし、年を重ねるといろいろなことに神経が使われるというか、集中力が落ちてるというか効率的には読めません。特に喫茶店はたばこくさいし、おしゃべりをしにくるOLや若者が多い場所です。

耳がよくなったとは思えませんが、彼らの喋る声はだいたいが
不必要に大きい です。一体誰が聞いているんだろう?あるいはどこか遠くで誰かが聞いているんだろうか?というくらい内容がないのに大きいです。

そんな時に今までは耳栓を持っていきました。しかし、最近はMP3が代わりに活躍してくれます。音響工学でいうところの
マスキング効果(音圧レベルを下げてくれる)です。

翻って考えると、円生のおかげで本が読めるようになった、ということです。

お後がよろしいようで。
by gentas | 2007-05-26 00:55 | Recommendation