人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー

2007年 04月 01日 ( 5 )

いよいよJIPDECのシステム監査技術者試験です。午後が難関ですが、午前を侮ると撃沈でしょう。
by gentas | 2007-04-01 23:12 | Certification

CISA講習会がスタート

本日からU社が唯一開始したCISA講習会を覗いてきました。
80名の参加者のうち、ざっと見たところ女性、50才台と思われる人が同数で、主としては20、30才台でした。不惑の40才台は少ないようでした。あくまで個人的な感想ですが、その風体などからは、

なんか資格がほしいなあ、という消極的な方と、せっかく担当したからがんばって取得しようという前向き派、グループの2つに大きく分かれているように見受けました。

テキストは全体がわかりませんでしたが、ISACAReviewManualと同一ではなく、その抜粋に日本風のアレンジをしたような内容のようでした。従って、初学者あるいは再学習によさそうです。
by gentas | 2007-04-01 23:09 | Certification

CIA模試

制度変更するまえのせいか、日本での知名度が上がっていても教育機関の反応が、CPAと比較していまひとつです。

そんなわけで予想問題、ともいえるCIA模試が募集されています。4/1現在まだ受験可能のようです。私は仕事とかさなっているので誰かに借りるか、別途資料を購入するつもりです。

なんか、まるで学生のような日々ですね
by gentas | 2007-04-01 10:47 | Certification

GLEIM Part3

amazonで「通常郵送」を頼みましたが翌日とどきました。さすが!

それにしても全632ページ!!のボリュームです。英語を母国語としていてもとても全部は読めないでしょう。会計問題と絡めて、special termの確認と計算問題の抜粋をしてみます。

CIA Review: The Audit Environment (Cia Review)
Irvin N., Phd Gleim / / Gleim Pubns
ISBN : 1581941838
スコア選択:
by gentas | 2007-04-01 10:01 | Certification
Excite エキサイト : 国際ニュース

落語を聴くと江戸時代には火消しのことを「臥煙」と言われていたようです。彼らは木の太い棒を枕にして寝ていたそうです。防火服はなく、むしろ薄い羽織をきた程度で、現場の混乱した中で相手を間違えず、また不幸にして犠牲になった時に服が燃えてしまったときに本人確認できるように必ず入れ墨を入れていたようです。と同時に、「命を張って働いている」「恐怖に立ち向かっていく」現われだと思います。

米国海兵隊というと、入れ墨をいれ露出が多いマッチョな人達というイメージがあります。きっと彼らも待機中の十分な時間に恐怖を克服し、また死んでいった仲間を鎮魂し、同時に「死体識別」の意味を込めて入れ墨をしているように思ってました。

入れ墨を禁止する」ニュースは、もはや世界の警察として死に直面する場面より、政治的な判断としてTVやマスコミに現れる彼らの「入れ墨」を否定したものでしょう。確かに、高度に緊張が強いられる戦場では普通であっても、退役し現世(普通の平和な社会)に戻ったときには異質な存在となってしまいます。そのため、コンウエイ司令官のコメントも決して政治的な理由ばかりをあらわさず、彼らに対して尊厳をもった姿勢を込めて言ったものなのでしょう。

もはや「世界の警察」としての存在感がなくなったことの表れなのでしょうね。つまり、平和がおとづれつつある証左なのでしょう。これはいいことです。決して現役の海兵隊が厭世的にならないように対応してほしいと願います。a0020434_10122814.jpg

一方、日本を見渡すと逆に「平和ボケ」なのか「中途半端なタトー」はよく見かけます。昔、銭湯に必ず一人はいた背中からお尻までびっしりとあった彫り物ではなく、腕や腿に少し意味不明あるいは「いたずら書きとしか思えない彫り物」ばかりです。

アレは何を意味しているのでしょうか?一時期の精神的に未成熟な時期の発作的行動なのでしょうか?
by gentas | 2007-04-01 09:45 | News