人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2006年 12月 24日 ( 4 )

Excite エキサイト : 社会ニュース
監査というのはなんともつらい仕事だと思っています。簡単にいえば、内部監査などは警察みたいなものです。国税庁の調査やマル査の方も非常に厳しい仕事であり、少なくとも往訪すべき相手にとっては「もっとも会いたくない」連中でしょう。しかし、企業での内部監査は「毎日会っている」から余計にたちが悪い仕事です。

しかしながら改正された新会社法(JSOX法)では、内部監査はもっとも注目されている業務でもあります。
努力目標から必須項目にかわったのです(あれ?なんだか高校履修科目漏れと筋が似てますかね)。
各社は一斉に専門家を養成あるいは雇用し始めています。中途採用も盛んのようです。

そんな中でいろいろな専門家が本を出版されていますが、この本は秀逸です。
会計・監査・ガバナンスを考える―鼎談
藤沼 亜起 / / 同文舘出版
ISBN : 4495180215
スコア選択: ※※※※※
なにが秀逸かというと、優秀なのに監査(いくらやっても個人の評価が上がることは基本的にないとうジレンマをもった陰のような仕事)を担当するということは理解するのに時間がかかります。悩み多き企業人にとって、本書では「天職と思ってやっていて、毎日が楽しくてしようがない」ですって?!へえー。驚きです。鼎談というかたちなので非常にスピーディにリズミカルに読めます。ぜひ正月にでも一読を進めます。

格付け:「」(すごくよくても今の基準ではBになっちゃいますね。年明けには基準も体裁も変えていきたいと思います。もっとわかりやすくします)
by gentas | 2006-12-24 23:24 | Recommendation

寂寥

寂寥感というか侘しさというのでしょうか(「定年」の後に書く話題としては暗いですね。暫時辛抱下さい)。昔、働いていた会社が合併となり、上場廃止の後消滅することが決定しました。理由はともかく途中で退職したのですから、いごこちがいいとはいえば、また会社に対する忠誠心はなかったと思いますが、私としては成果を出して退職したつもりなので、「あいまいな経営や人事方針ではいつか破綻する」ことはわかっていたとはいえ一抹の寂しさはあります。サラリーマンの方には多少共有し理解していただける感覚かと思います。

もっとも当時いた同僚たちはほぼ全員が転職していますし、在職時から財閥グループの中核事業のはずがなぜかちっとも成果も上がらず、大勢のトップランクの経営層が天下ってきたりするのに、事業展開をしょうっちゅう入れ替えるのに、売り上げはほとんど増えず、給与は下がる一方という実に不思議な会社でした。

しかし、仕事はおもしろかった。実に多様な仕事をさせていただきました。Boston、MITにもよくいきました。ひとりでスピーチさせられたときにはあせったなあ。いつも誰も先生がいないので自分で始めて、相手と直接交渉して。。。。でも振り返ると反省すべきことも最近わかってきました。それは、調査や事業を開始して軌道に乗ろうかという段階でいつも異動させられたりしたので『運用や維持の厳しさ、つらさ』を経験していない」 ことです。まあ、開き直った言い方をすれば、「私の責任ではない」話です。

不思議なこともあります。数年前に上場した際に、OBとして株を購入して応援してあげよう、と思ったのですがアナリストレポートがほとんどない。証券会社からは無視されていたのでしょう。指摘されている点は現場を離れた私が読んでも噴飯ものでバイオ企業の成功がポイントとなっています。そんなもの、まさか競馬レースではないのだから評価するのであればはっきり調べたことを書けばいいのに十分な調査もされていない。あいかわらず何を考えているのかわからない経営方針です。しかも、不思議なことに業績も上がっていないのに、今から一年前ぐらいから段々と株価は上昇して、今日では上場値をはるかに超え、一年前の3倍になっています何故?インサイダー、あるいは情報漏えいなのでしょうか?コンプラは大丈夫でしょうね?

そういう意味では最後まで周囲に寂しさ(あいまいな情報公開)を撒き散らす会社でしたね。
インテリジェンスを売り物にしていたのに、実に残念なことです。私にとっては「こんなにすごい人がいるんだ。そして、こんなすごいことをやろうとしているのに決断がおりないんだ。こんなに優秀な人が辞めていくしそれを取り込もうという発想がないんだ」ということを教えてくれ、『学校としては素晴らしかった会社』というアイロニーだけでしょうか。

何かホッとするような、それでいてやはり寂しい話題でしたね。
a0020434_22593464.jpg
by gentas | 2006-12-24 22:55 | Internal Audit

金融サービス

どうなんでしょう?金融機関では来月から10万円以上の振込み時に本人確認を厳格にします。マネーロンダリングの一環としてですが、10万円以上の振込みは意外と日常的に多いものです。実務では、本人確認済みのATM使用で、ワンタイムパスワード、虹彩認識、指紋認識などによる明らかに本人であると説明できるような手続を除外するため、大きな混乱にはならないものと予想されます。

しかしながら、金融サービスとはなんなのでしょうか、やや疑問が涌きます。入出金、預金・振込みは金融機関の原点かもしれませんが制限をかけるということは問題ないのでしょうか?

また、永い間取引があり、すでに高齢となった顧客は「聞いていないぞう。うちにはインターネットもないんだ」と営業の店頭ではささやかながらすれ違いはあるでしょう。

厳重な正確性(integrity)の確保というのかもしれまんが、サービス低下という評価もくだりそうです。

※これからは、私としては振替・振込などの取引処理はきっとネット銀行などのインターネット取引だけでやるようになるでしょう。皮肉なことに人間が介在する処理より信用度が高い、ようですから。
by gentas | 2006-12-24 19:18 | News

定年

失業保険は満65才になると満額もらえないらしい。だから俺は誕生月の前の来月辞めることにしたよ」。こんな話を有用かつ侘しい話を退職後も働くOBの方に聞きました。民間企業は病気をすると第一線からはずされます。この方は「病気のデパート」と陰で渾名をつけられる、くらいな方ですので押して知るべし。○橋大学をでてシステムから事務まで広範囲に知り尽くしましたが、病気のおかげで今やご意見番として扱われています。

そして、こんな尊敬に値したはずの先輩でも、結局は自分の老後の保障、収入だけが関心事です。そりゃ、スーパーマンでもウルトラマンでもないし、世界の平和を守ってほしい、とはいいませんが、後進のものを指導する、組織の将来に一矢を射るくらい発想してもいいと思います。しかし、彼の場合は健康保険(退職すると家族分の国民健康保険に入る必要がある)と健康維持という、考えてみれば不謹慎な理由で働き続けています。

さて、そこで定年が気になります。そもそも定年とはなにか?ようは社会システムの中で、定期的に支払われてきたサラリーというものをもうあげられないよ、という時期です。しっかりとしたシステムができている会社では50才台で退職する人も増えているようですが、その後の生活を保障する、という理想的な制度をもとに構築されています。

当然その背景はものすごくラフに言えば、①経済が右肩あがりに上がる、②年金を支える後進世代がいる、そして一番大切だと思うのは③年金というかたちで受け取れば労使双方ハッピーである、という前提でしょう。

しかし、今や状況はまったく逆になっているのは明白です。①経済の拡大は望めずパイを奪いあう社会、②年金を支える世代はどんどん減少し、一人で何人もの年金を負担することになる(なんてことはできないに決まっています)、そして③平均余命が上がり、年金を獲ったものがち(早くリタイアして取得できるときにとる)であり、生きがいの議論などどこかにいってしまった、拝金主義が全世代を通じて蔓延する頽廃社会です。。。


定年を意識する会社人間ばかりいると、なんのために働いているのかわかりません。年金制度に加入している人は、昭和36年以前に生まれた人とそれ以外で大きく依存度が違います。いまや、居酒屋は午後3時頃には老人達で満員で図書館も団塊世代の先輩たちが更に知識を増やそうと日参しています。

しかし、こんな制度がいつまで続くのか?と考えると答えは明白です。社会保険庁の市場化テストではすでに60%コストが削減されたといいますが、安部政権でも新規債発行が激減したのは政府の貢献だ、などと自画自賛せずに緊張感をもって老後も楽しく生活できる普通の国にしてもらいたい、と切に願います。

こんなことを続けていたら、いつか若者世代の不満が爆発するかもしれません。いや、ホントウに。
by gentas | 2006-12-24 16:56 | Research