人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2006年 11月 26日 ( 3 )

監査用語

高校時代の英語教師のひとりにOさんという人がいました。今思うと大学講師を辞めてから来たようで、忌憚ない表現をすれば「今にも死にそうなヨボヨボじいさん」という印象でした。発音もなんだかわからず、古臭い英文法や学習方法を言ったりして、ご本人はどう思っていたかどうかわかりませんが、はっきりと学生達のいいアイドルであり教師という畏怖を感じないまま終わりました。

たいへん自由闊達な学生時代だったせいかAFS(アメリカンフィールドサービス)試験も合格でき、留学予定だったのですが、Oさんのせい、というわけではなく家庭の理由で立ち消えになったのは残念でした(一緒に合格したO君はその後ミシガンに行き、大学を経て日本銀行にいったそうです)。

ところでOさんは授業中、多いに脱線しながrも時々厳しいことをいいます。今思えば壮年期に戦争を経験し、勉強をしたくともできなかった時代です。はめをはずした高校生がいれば、多少は感情的にもなるでしょう。

そんなOさんの指導なので目だった学業上の成果はわかりませんが、ひとつ覚えていることがあります。それは「辞書の買い方」です。「お前は和英の辞書をどうやって選んだ」「ハイ。先輩たちの評判や書評誌の選者のコメントを参考にしました」「フン、そうか。でもな本当の選び方ではない。本当の選び方は『いろいろな辞書を買う』ことだ。辞書によって説明もちがってくる。そうやってひとつひとつの意味を理解していくことだ。英英もいい。たくさんの辞書を買いなさい」

金融やシステムの世界では少し現場と距離を置くと、とたんに意味のわからない表現が増えてきます。最近必要としている、金融・監査・システム関連用語については同書が結構役立っています。あとはしょうがないのでISACA(米国公認システム監査人協会)IIA(米国内部監査人協会)や日本のIPA他のサイトが役立っています。
英和 会計・税務/監査/ビジネスロー用語辞典
杉浦 理介 / 清文社
ISBN : 4433255939
スコア選択:
by gentas | 2006-11-26 21:02 | Certification

「債権回収最前線」

Excite エキサイト : 社会ニュース

タイトルはやはり「際物」系のごとくに写ります。
債権回収最前線
中川 剛毅 / 中央公論新社
ISBN : 4120037584
スコア選択:
さて、RCCという単語はだいたいの社会人は知っている、と理解しています。しかしながら、その社会的評価は様々だということも知っています。破綻金融機関などの職員ばかりいて、ちっとも成果がでていない、いや、所詮は国の出先のくせにとんでもない厳しい回収をしていてけしからん、いやいや、もう住専債権もなくなったはずなのだから解散してしまえ、などなど実に様々な評価があります。

タイトルが気になっていたので読んでみましたが、本書は読売新聞を退職してRCCの広報担当者として転任してきた記者出身の方の著作でした。悪く言えば、提灯記事です。よくいえば、RCCの成果の一部を丁寧に紹介しています。

多少はRCCと関係を持ったこともあり、内情も少しは理解している私としては、あまりに厳しいマスコミ攻撃ばかりを受けてきたRCCにとっては、もう少し早く本書のような回収の明るい側面を公にしてほしかったなあ、と思います。

格付け:「B」(債務者と協力して、返済計画づくりを協同して、双方の意を汲んだ債権債務の解消が実行されたものも多いはずです。今は落ち着いているでしょうが回収業務に携わる多くの金融機関の方や債務者の方には一読をすすめます)。

→公務員の居座り、債権回収なんて想定外すぎますね。ここはひとつ内部監査を実施してうみを出し切ってはどうでしょう。ただし、民間企業のレベルだと影響が大きすぎるでしょうが、ある程度はしっかりやってはどうでしょうか。なんなら私がやりましょうか?
by gentas | 2006-11-26 00:55 | Recommendation

ナビゲーションシステム

「おじさんの納骨にいくんだけど道がわからないから運転してくれない」と、私の予定が詰まったある日の依頼を受けました。しかしこちらの予定ははずせません。すでに当日の予定を2つキャンセルしたくらいです。そこで本人の運転の役立ちそうなナビを購入することにしました。

だいたい新製品は周回遅れでしか購入しないし、ましてや年間千キロも走らない、つまりはクルマを所有することにあまり意味のない私ですので、ナビシステムなんぞを購入する気持ちはいままでさらさらなかったのです。

一方、世の中は地デジブームです。当然車載するのであれば、周回遅れを挽回する(言い換えれば、単なる見栄ぼうですが)意味でも地デジナビを購入しよう、と考えてはいました。しかし、先日某社の現物をみると、地デジではなくワンセグナビでした。a0020434_033140.jpg携帯電話で見る分には感動的ですが9インチ画面で見るとボケボケでした。うーむ、これで20万円を使うのはパッとしないなあ。(※追伸:どうやら展示してあるものだけかもしれないことに気づきました。新聞の某社広告では12セグとあります。ひょっとしたら環境に応じてセグメントが変わるのかなあ?)

そんなことを考えながら某PCショップにUSBケーブルを買いに寄ると、今ならバイク用ナビの特売だということです。バイク用ナビ?なんじゃそりゃ?
なんとそれは以前から気になっていたPocketPCでした。

図書館用PCとして以前PERSONAa0020434_0332167.jpgというWindowsCE機を購入したことがあります。実際には画面が粗くて、キーボードは小さく実用的レベルではなかったですので、予定していた原稿作成などはやったことは極わずかでした。携帯型PCとしては、これらのPDAには今でも興味の持っています。そして、このバイク用ナビというのは発売したばかりのPocketPCにGPS機能を付加しゼンリンの地図を装着したものでした。「一日考えたらどうですか?」という店員さんの暖かい声を聞いて、喫茶店で本を読んでいましたが、コーヒーを飲んでいるうちに、なんども検討するようなものでもなく、どうやらPDICソフトも動くし、本体1GBにSD2GB可能というし、最悪の場合は電子辞書にしてしまえ!とまたまた物欲全開で購入しました。

同居人からは、小さすぎる、使いつらい、普通の奴と違うと早速厳しい意見(文化的対立?)がありますが、形は小さくてもバイクで実用的レベルのGPSです。問題ないはずだあ(説明書によれば、高速での右折時には多少うるさいくらい『次右です、次右です』という傾向があるようです)、と主張し操作開始です。

ようやく我が家も平均的なレベルに近づきつつあるような気が、多少はしてきました。(なんせまだ8mmビデオを持っています!からね)
a0020434_034287.jpg

by gentas | 2006-11-26 00:40 | Electronics