人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2006年 08月 23日 ( 1 )

甲子園

反省:散逸な内容が続いているのに「深く」反省しています。次回からは今までの反省を少し活かしつつ、装いを新たににして、絞った内容でupしていく予定です。
ということでダラけ文章の最後に「甲子園」です。

シナリオのないドラマなどというつもりはありませんが今年の甲子園決勝は見事でした。やさしい顔つきの斎藤投手に対して、どうやら下馬評では№1投手の田中選手の弱りきった顔。今までにない本格的投手戦でしたが、試合後のコメントは対象的でした。私の印象ではこんなことを言っていたようです;

斎藤投手:自分は一生懸命やったが、勝ったのは応援したみんなや同僚選手の力があったからこそ(優等生です。あ?そういえば監督が、というコメントがなかったのも自主性を感じてよかったです)
田中投手:相手の投手が数段上なのを感じた。完敗だ。でも自分の力は出し切った。涙なんかでなかった(TV画面では知らずに汗なのか涙なのかたくさんでていました。まるでマンガのように最後のバッターとなり、そして最後のスイングは実にさわやかな無駄な力の入っていない、ストレートに対する「慢心」のスイングでした)

何故この試合に皆が感動したのでしょう?日芸出身のはずのテリー伊藤が早実OBとは知らなかった。小室のコメントは金銭的に追い詰められているという報道を前提に聞くと正に重みのある言葉でした。

もうひとつ驚いたのは噂にも上がっていなかった早実の活躍ぶりです。監督だったかのコメントで「甲子園の試合を経てどんどん強くなっていったんです」とありました。若さをすごさをしみじみ感じました。ロートル(すでに表現が古い)は後進の育成に回ったほうがいいようですね。

宴席などで「感動した?」と話題をふれば、しばらくは今夏の話題にこと欠きませんね。
a0020434_0452635.jpg
by gentas | 2006-08-23 00:43 | News