人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

2006年 02月 27日 ( 3 )

皮革加工を選ぶ

男は皮である、とは誰の言葉だったでしょうか。皮はとったほうがいい、という説に最近反論があったとなにかで読みました。なんでも病気を「皮」が防いでおり、また「鋭敏は感覚器」であるため、これを除去することは男女関係がまずくなるんだそうです。重要なんですね、皮。

シモネタはそのくらいにしましょう。

そんな皮ではないですが、理科系出身とはいえ、あちらこちらとやさぐれ人生の私としては、比較的モノにこだわります。高級ブランドだからいい、ノーブランドで私だけが気にいっている、などというものはあまりなく、慢性的に不満に思っているため、何かをつくりたい衝動にかられていました。

そんなため最近皮加工をはじめました。とりあえずは材料の収集と方法の習得です。

最初は10年ほどまえの高田馬場のふと雨宿りしたお店から始まりました。そこは聖和というお店でした。なんとなく入店するときれいな店員さんはいてもお客さんは年配の方が大声だして何人かいました。あ、いわゆる「おばちゃん」というジャンルの方たちかもしれません。きっかいな道具や材料が多く、しばらく悩んだあげく、皮だけを買って帰りました。これは適当に加工してカメラの表装やブックカバー、登山用ケトルになりました。

それからバッグの修理にコパとかいうものを購入しました。これはやはりバッグや靴、財布の修理に使っています。

はじめての革モノづくり
森下 雅代 / 美術出版社
ISBN : 4568140684
スコア選択:



そして最近、出張帰りに東急ハンズによってようやく加工道具一式セットを購入しました。縫い代の穴あけ器や糸、コパガード、木槌など結構本格的です。

次回は製品などを報告しましょう
by gentas | 2006-02-27 22:10 | Urban Design
ふりかえるとカバンをたくさんもってます。大昔にそんな話題を知人としたことがありましたが、そのときは一笑にふしていましたが自分もカバンが増えたのか、捨てられないせいかたくさんあります。当然使用不能は捨てていますが、なぜか使いつづけているものがあります。

カバンの範疇からははずれますが、登山用のリュックは学生時代に買ったコットンのKARIMAR45lがあります。大昔に生産中止されています。一度谷川岳を歩いていたときに「すげえ」といわれましたが、いっしょに持っていったhoebus(これもメーカーが倒産し生産中止)のことかもしれません。ロスで買ったNORTHFACE、MITで買ったBACKPACKもまだ使っています。海外といえばLASVEGASで買ったトートバッグは図書館用、BERLINで買った奴は図書館用(PC)でそれぞれ専属現役です。

カバンではなんかの祝いでもらった紀伊国屋のBAGは正直「使えない奴」で機能的に劣後するため、病気で戦争にいけず逆に命びろいした青年のようにいまだに新品然としています。今は製造メーカーの在庫一掃セールで買ったレノマの茶皮のBAGを仕事用に酷使しており、時々家人から「捨てたら?」ともいわれますが、どっこい現役です。BALMANの黒皮BAGは個人的には高額の契約やえらそうな人が集まるときに使いますが、見栄っ張りな人と同様に「使いにくい奴」です。なんとなくメーカーなどの名前で伝えるのは嫌なのですがわかりやすいことはありますね(決して自慢してませんので誤解しないで下さいね。もっとも知っている人にとっては「その程度で自慢するな」レベルの価格だってことは重々わかっていますので)

やや特殊なのでは製図用のA2サイズのBAG。これは今では子供の賞状や夏の宿題入れになっています。なんせ黙っていると散逸するので(親バカです)。B4サイズのプラスチック製のATACHEケース。これは意外と出番がありません。B5ノートを持った1泊出張用、のつもりでしたが1回もありません。家人が自分用に買ったコムサのBAGは買ってみたら男性用だから、と召し下げられました。ひょっとすると休日用のBAGがあまりにみじめなので買ってくれたのかもしれません。そして20年以上使っているA4サイズのプラスチック製のBAG。これは新幹線に飛び乗るような出張が多く、しかも書類が多かったので重宝しています。

自由席新幹線では椅子がわりになり、私にかわって室内でぐずる見ず知らずの子供の椅子にも使われました。雨の日は完璧です。多少。継ぎ目から漏れることもありますがたいはんはOKです。事前にわかるときはビニール袋をさらに上におきます。ゼロハリバートンとかいう高級品は当時なく、それにフレームはスチールですが表装はプラですので軽いのです。なんども取っ手部分を巻きなおし、いまはテニスグリップを巻いていますがさすがに最近ボロに見えるので、一度分解しようかなあと思い、確か銀座のタニザワだったか、あの近くで買ったような気がして、ふと中を見ると「AOKI LUGARD」と書いてあるのにびっくりしました。

なにが悲しいって、「ノーブランド」と思い込む自分も情けないですが、探そうとせず20年経ったのもあきれました。閉め金具も調子悪いので修理しようかな、と思っていましたが、このAOKIというカバン屋さんは吉田カバンに並ぶ歴史の持ち主のようです。ネットで見ると実にリーズナブルな製品群ですが、やはり修理窓口やアフターサービスはわかりませんでした。まだまだ使いたいのですが、同じような大きさ軽さのBAGを作っているのか、修理に応じてくれるのか後日探してみます。できなければAOKIカバンを選びつつ、きっと直してさらに使いつづけようかと悩んでいます。

とりあえずは取っ手を巻きなおそうかなあ
安野光雅のいかれたカバン
安野 光雅 / 世界文化社
ISBN : 4418052046
スコア選択:
by gentas | 2006-02-27 22:08 | Town Walking

不動産ファンドへの投資

モルガンスタンレーをスピンアウトした投資ファンドのことが新聞にでていました。世界最大のファンド、まだまだ投資意欲盛ん、日本に最初に上陸し最大規模の陣営、海外の投資(ビッド)に比べると日本での買い漁り姿勢はまだまだおとなしい、したがって余地は多いにあり。。。。。
などなどとかかれていました。
確かに、金利上昇局面での株式や現物不動産への投資は経験的にもマクロ的にもインフレヘッジとして常識的に買われるものです。したがってファンド組成された、将来価値を読み込んだ不動産投資はいわゆる海のものともわからない不動産に比べるとかなりプロの視点により厳選されているためリスクは軽減されたものといっていいでしょう。

しかし、しかしですよ、結局は「玉のおしつけあい」「ババ抜き」が展開されているのもまた事実です。いまや毎日のようにファンドができ大型開発がぶちあげられていますが、いつが出口なのでしょうか。

と悩みながらババ抜きの話題がでないうちに買いましょうね
この一冊でわかる不動産投資の新潮流―不動産ファンド・J‐REITとポートフォリオ戦略
アルファトラストリアルティアドバイザーズ / 中央公論新社
ISBN : 412003691X
スコア選択:


不動産投資ファンド―問題点とその対応
三国 仁司 / 東洋経済新報社
ISBN : 4492711503
スコア選択:

注:両毛線沿いがたいへんなことになっています。詳しくは。。。次回をまて!なんて
by gentas | 2006-02-27 20:57 | Internal Audit