人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

横領的実践;屋台がなくなる?

Excite エキサイト : 社会ニュース

「.....千代田区、港区に続き、中央区でもこの1月から規制を強化しているという。しかし、弁当の路上販売の何が問題なのだろう?
「“行商”とは、弁当類を人力で移行しながら販売することで、その場に留まって客待ちはできません。また細菌検査を行ったところ、6割も不良という結果が出ました。さらに近隣の飲食店の苦情もあり、客待ちなどのルールが守られていない弁当販売をなくすために規制を強化しました」....


数ヶ月前に屋台の制限について一報を聞いたときは、またか、と今頃何故?と相反する反応をしてしまいました。

屋台に対する淡い魅力は何か?いつも自問自答しますが、今回は、①衛生上の問題、②売り上げ減少の中で屋台や露天商に対する店舗のバッシング、が原因のようです。

そして、すでに東京では屋台はほぼ絶滅したはずですが、弁当販売としてはむしろ活況を呈していたのも事実です。

何故かといえば、
昼食時間のみの営業販売だからでしょう。

本来であれば、都市計画上は道路管理者からの占有という問題があるはずですが、それはあまりマスコミが指摘していないのが不思議ですね。

博多の中洲では屋台の存続は大きな地域問題になっているらしいのですが、旅行者や出張するビジネスマンにとっては逆に大きな魅力なのも事実ですね
a0020434_2056599.jpg

by gentas | 2010-02-11 20:57 | News