人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ISACA学生会員

ISACA
は日本では情報システムコントロール協会と、なんとも不安定な訳語で表記されているアメリカのシステム監査の協会です。
日本では認証や資格はなにかと公的セクターが主体になりがちです。しかし、システム監査についての職能資格であるCISAはいまや世界標準だと思われますが、単なる専門家集団すなわち職能団体の認証であり、アメリカ合衆国が認めているわけではありません。

冷静になって考えれば、国が認証すること自体、国に資格を評価させること自体が陳腐なことなのに気づきます。

さて、日本においてCISA資格を取得する、あるいはISACAに所属すると、会員だけの会合に参加できる特典があります。これらはCISA維持のポイント(CPD)になりますが、それ以上にタイムリーな話題を提供してもらえるメリットが大きいのです。またCISA受験者には受験料減額のメリットもあります。

そして入会には学生・教員という分類もあり、欧米で一般的なようにAcademicDiscountとして非常に負担を軽減してくれるようです。

私が昨年より大学院に所属したので、今年は学生会員として登録しようかな、と思いつきISACAに問い合わせました。以下のような注意がありましたのでご紹介しておきます。くれぐれもご注意いただいたほうが良いですね。

1.特例であること
あくまでISACAは技能集団・専門集団なので学生・教員というのは特別な分類である。従って、学生だからその資格を自動的に享受できるわけではない

2.審査に時間がかかる
従って、米国本部が認めなければ学生・教員会員にはならない。この返答をもらうのに数週間~1ヶ月はかかる

3.CISAの早期申し込み期限は2月
CISAを受験希望する場合、今から申し出しても間に会わない可能性がある

4.ISACAの資格期間は1~12月
1年毎に更新されるが、すでに昨年後半に入会しても本年12月まで会員資格は有効

5.窓口は米国本部
当然英語によって対応する必要があります。またEメールは使用できるようです。

6.CISA受験料の免除や減額はなし
あくまで入会についての特典ですので受験料のディスカウントはありません

※いちおう私の場合は、英語証明書・IDカードコピー・申込書をPDF化して送付しました。
by gentas | 2010-01-11 11:38 | Internal Audit