人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中古市場はクズだらけ

中古市場はクズだらけ」というのは、決して中古はよくないということを主張しているのではなく、中古市場が活発だろうから、あるいは中古なら購入できるのでは、という消費者の立場でのあえていえばクレームのことです。

今回、インターネットで中古住宅を探してみました。引越しになるかもしれないので中央線沿いを探してみました。東京圏にお住まいの方はご存知のように、東京の幹線といってもいい中央線沿いは
人気の沿線です。
例えば、新宿~丸の内の都心から離れた八王子周辺でも、距離の割りにはそれほど地価・賃料が下がらないことで想像できます。

しかし、逆にいえば、古い住宅などが多く、いまだに戦後の不法占拠が続いたり、権利関係がわからずなつかしい昭和のテイストを醸し出しているともいえます。

さて、インターネットで「値下がりした良質な中古住宅を豊富にそろえています」というサイトを見ると、まず中央線沿いはありません。あるのは都心の値付けの高かった売れ残り住宅か誰も買わない住宅ばかりです。厳しい言い方をすればクズだらけです。

経済学では、市場における各取引主体が保有する情報に差があるとき、その不均等な情報構造を
情報の非対称性 (asymmetric information) と呼ぶらしいですが、正にそれですね。情報の非対称性は、人々が保有する情報の分布に偏りがあり、経済主体間において情報格差が生じている事実を表しているといえます。

つまり、
消費者が期待しているものを掲示するのではなく、売れない・利益のあがらないもの・売りたいものを、あたかも人気があり、お得であるかのように表示している、のです。
あまり上品ではない言い方をすれば、
基本的にはクズ、です。

実際に、中野、高円寺、阿佐ヶ谷、そして三鷹あたりを歩いてみました。住民の高齢化、土地の旧借地借家法の土地(農地)、不法占拠、狭隘、既存不適格、木造密集地域などなど、都市計画で習う言葉がぎっしりとつまったこれらの場所は、結局開発土地があまりなく、新しい住宅開発が難しいのも事実です。そしてジワジワと住宅が更新されているのも事実です。

地元の不動産屋をのぞくと、賃借物件はたくさんありますが売買物件が非常に少ないのも事実でしょう。
(この項続)
by gentas | 2009-04-26 09:19 | Urban Design