人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公務員制度について

Excite エキサイト : 政治ニュース

「与党の「国家公務員給与検討プロジェクトチーム(PT)」は2日、民間の夏のボーナスが前年水準を大幅に下回る見通しを受け、国家公務員の夏のボーナスに当たる期末手当も減額するよう、人事院と政府に対し追加勧告や給与法改正など減額に向けた対応を要請することを決めた。政府側の対応が遅ければ、5月の大型連休明けに議員立法で給与法改正案を提出するとしている。」

公務員、特に地方公務員職教員の廃止や一流企業の高賃金をもとにCPIの伸長を補完する賃金の決定プロセスやいったん決めたら変更しない
でたらめな無謬性」などなどを改革していこうというのはたいへん結構なことです。

最近では政策投資銀行と他の公的金融機関の統合に際して今頃になって異常な高待遇などがマスコミにすっぱ抜かれたりしましたが、今まで変更していなかったのか?と逆にたいへん驚いたのが記憶に新しい出来事です。※かつての開発銀行の方に聞くと「転勤は命令なんだから、社宅はその都度あるよ。東京で所帯持って、転勤先の大阪で子供が学校いって、九州に単身赴任だったから一時は3軒あったよ。しかも1,2万円で」。。。。。言葉もでませんね。うらやましい。因みに彼らに給与水準を聞くと「都銀トップクラスの平均」だったかでとんでもなく高く、ちょうど今は無き興銀とどっこいだったように記憶しています。

しかしながら

首相が新しくなったときだったかに野党に政策を提出させましたが、それを今頃になって焼きなおしているようにも思えます。このような改革を選挙の道具にするのであれば、国民はどう思いますかね?え、政治もカンニングありなの!って?⇒うまいことをいいますね
by gentas | 2009-04-02 23:35 | News