人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自覚のむずかしさ

「へえ、大企業ってたいへんなんだね。うち?わが社は歴史ある名門ですから不況といっても問題ないよ。。。。」

勤めていた会社は金融危機のときはまっさきにリストラを開始し、団塊世代を一挙に子会社に移し、分離できる部門はすぐに子会社化し、給与を下げ、昇給をやめました。そのときは「やっぱり中堅はだめだね。うちは業界トップだし、僕は東大出でおたくとは違うから。。。」こういう金融界の輩もいましたし、実に惨めな思いをしました。特にメガバンクや興銀長銀と呼ばれる人たちにはよく見下げられたものです。

しかし、少し遅れて「名門メガバンク」はあっさり倒産し、「政府系バンク」は合併され、ふんぞり返ってばかりの東大出のエリートは容赦なく外部企業に移っていきました。

さて、たまに会うごく内輪の会合で聞くと、最近はメーカーの営業関係者、印刷会社が非常に厳しくなっています。キャッシュリッチを標榜していた元気のいい不動産屋もさすがに元気ありません。飲食関係者はどこもガラガラです。洋服販売はすでに低空飛行です。
元気がいいとすれば、年金族です

自覚がないのはコームインの方々です。「えー僕らは給与が安いからベースアップが下がるわけにはいかないし、昇給が横並びは当たり前。人生設計しているんだし変更はありえない」などとお気楽です。
ベースは右肩上がりに上がるもの、給与は民間に比べ安いもの、と思い込んでいます。人生設計しているのはみんな同じでしょうに。

消費の低迷を回避するきっかけはなんなのでしょう?※教育産業は株式市場でも、少子高齢化の影響はあっても、景気の影響は少ない、としてあおられているようです。
by gentas | 2009-03-01 01:00 | Town Walking