Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

保険への怨嗟

Excite エキサイト : 経済ニュース

「業界初!“保険の原価”を開示したライフネット生命に怨嗟の声
「なんで開示したのか!」。。。。11月21日、インターネット専門の保険会社であるライフネット生命保険が、“保険料の原価”の全面開示に踏み切った。。。。
 たとえば、30歳男性の死亡保険金3000万円の定期保険(期間10年)に支払う年間の保険料は、ライフネットが約4万円(純保険料約3万円と付加保険料約1万円)で、ある大手生保は約8万円。その差は2倍だが、付加保険料で比べれば、差は5倍に広がる。
。。。。ただでさえ収益が悪化している生保各社には、価格引き下げ競争になりかねない付加保険料の開示は避けたい事態。そのため「余計なことをしてくれた」と怨嗟の声が上がっている。だが、金融商品の手数料開示は世界的な流れ。。。」


ついにここまできたか!と驚いています。保険料は本来保険と固定費にわかれ、悪評高い保険会社の高給は会社固定費として別勘定で温存されたまま、
保険構造のみの圧縮
してきたからです。そしてこの事実は金融業界では常識でした。保険料の中味(構成)は
秘中の秘絶対に外部に漏れてはいけないのです。

更にいえば、カードや旅行など損害保険を含めた保険はいろいろはサービスに知らないうちに組み込まれていて、不要なのに支払っている。そして事故にあっても気づかず請求しないことが多く、また競合すると片方は否定され、ましてや請求すると煩瑣なうえ否認されたりします。

同社の行動はきっと近いうちに封印されていまう可能性高いと思いますから、早めに公表された情報を分析するべきですね

The Rainmaker [DVD] [Import]

Paramount


私の英語の教材であるレインメーカーを思い出してしまいます。ぜひ見て下さい。

ああ、サイトを見ていたら山崎さんのサイトでも話題にしていますね。※しかし、何回も転職する彼はさぞや優秀なのでしょうが、仕事で一緒だったときは少し評価が違いました。そんなものでしょうね
http://diamond.jp/series/yamazaki/10052/
by gentas | 2008-12-08 13:42 | Research