Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

シェー、ざんす

Excite エキサイト : 芸能ニュース

「....人間、死ぬときは死ぬんだよ。それまでは一生懸命仕事をしようと思ってね」「ギャグを徹底的に描いていきたい」。生前、笑顔でこう語っていた赤塚さん。ビデオで古今の喜劇映画を鑑賞するなど「本当の笑いとは何か」という哲学を終生追い求めていた。 ....]

もうかなり前からアル中で入退院を繰り返し、新作らしいものをだしていないにも関わらず存在感のあるマンガ家(やはりカナで書かないと雰囲気ないです)だった赤塚不二男さんが亡くなりました。しばらく記憶から離れていて、最近は戦争で手をひとつ失ったにも関わらず旺盛な活動をしまちづくりにも影響ある水木しげるさんなどがいやでも目立ちます。

赤塚さんといえば強烈に記憶にあるのが
タモリを芸能界に引き上げたこと 
で、確か深夜放送なんかでなんどもいっていたような記憶があります。あんまり愉快なのでしばらく自宅に下宿していたんでしたっけ?

彼のあらゆる行動がすべてギャグに収斂していたような気がします。戦後引き上げなどを経験した人しか知らない、笑いやナンセンスの存在感なのでしょうか。それらが新しい行動を生み出すことを学んだ気がします。

冷静に考えると、おそ松くん 天才バカボンなどすべてのナンセンス漫画が「ありえない状況」なのに面白く、その対極なのが「サザエさん」だと思います。両方あったから愉快だったのに、表面的には日常的に思える方が残り、ナンセンスが消えたのも非常に現代社会風で悩ましいばかりです
非条理の中に真実があり、常識の中に破壊的要素
こそがあるのではないでしょうか。

合掌
by gentas | 2008-08-03 12:13 | News