人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

課金制度

Excite エキサイト : ITニュース

「YouTubeが5月22日、YouTubeモバイルのサービスを拡充し、一部のauケータイでの視聴に対応したことを明らかにした。au端末では、YouTube上のほぼすべての動画が検索でき、1.5Mバイト以下(約2分半以下)の動画が再生できる。またメールを使って動画が投稿できるほか、気に入った動画は「お気に入り」としてリストに保存しておき、あとで視聴することも可能。PC上で作成したお気に入りリストや再生リストもau端末から参照可能だ。。。。」

もともとは
時間軸で課金している電話
だったはずので携帯電話もいつもまにか、若いサラリーマンは携帯ゲーム機、高校生にとってはコミュニケーター、おじさんたちにとってはメール機(あまり有効ではありませんが)、OLにとってはファッシオンアイテム、と実に多様な存在に変容しています。

そして、課金もいつのまにかパケット制度(利用した情報量)との複合になり、家族間電話し放題など電話としての利用が激減し、経営に影響しない要素を大きくアピールしています。

しかし

動画も可能ということは現在のパケット制度ではとんでもない利用量になりかねません。

少なくとも我が家では小さな事件がよく起きます。最初の事件は
無料壁紙
でした。当時、中学生だった娘に「これは無料と書いてあるけど、こういう風に課金されるから必要じゃなければだめだよ」と事前にいったのに、ばんばんアクセスし、数万円の請求がきたことがあります。それを知った家族がまたヒステリックにすぐ消去したため、なんら便益を得ることなく、

結果的にただ課金されてしまいました
その後も友人と電話だかメールだかをしっぱなしで寝入ったり、音楽ファイルや画像の交換など、本人が認識していない課金がいったいいくらかかったのでしょう。。。。。

さて、今度はYoutubeです。おもしろい動画を送りつけるサービスも、また「無料」と表示されます。
これは同じことがおきたらたまりません。もはや、かつてのQ2ショックと同じです。違うのは料金代行徴収ではなく直接課金です。弁解の余地はありません。
使用者責任でしょうが、子供たちのように本人がサービスの対価を認識していないのなら、保護者にとっては少し「詐欺的」な行為といえなくもありませんね、きっと世の親たちも多く嘆いていることでしょう。

PS. ああ!自分の携帯でもできそうです、ヤバイヤバイ。。。。。。
by gentas | 2008-05-23 07:18 | News