人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

墨攻

墨攻
/ アミューズソフトエンタテインメント
スコア選択: ★★★★

出張や移動を含め、今やPCは「DVDマシン」となっています。さて、有名俳優が大勢出演するような話題性の高い大作嫌い、簡単にいえばB級好きな私は、もう話題のなくなったらしい墨攻をみました。

うーん、すごい。まず、男優も女優も実に存在感がある人たちです。というか実に整った顔立ちであり、うまい!
漢流なんかどうでもいい、くらいに差があるように思います。

主人公の行動は実にわかりやすく正論に基づいており、かつ実力派の男性です。この男性は孔子の示した君子の教えを導く儒教思想に対する墨家を象徴するということになっていますが、浅学のため実在したのか、それがどのような思想だったのか判然としません。(なぜならば、wikipediaによれば墨家思想とは「博愛主義」とありますが、映画ではどうみても「戦略のプロ」と描かれており、「智」を象徴しているとしか思えません。)

ましてや、この原作は日本人のものであることに驚嘆します。そういえば、昔青年マンガ誌で読んだような気もします。

エンディングは最近見る映画に多い実に多くの死者ばかりがでて、後味さわやかとはいきませんでしたが、墨家がその能力を発揮するたびに味方や自分の上司から足元をすくわれるシナリオには実に
はっとさせられました。

私はこの真実をすっかり忘れていたようです。ああ、おっさんのくせになんと若造根性だったのでしょうか。。。。いまさらながら、感銘深い作品でした。社会人の方に特におすすめです。
by gentas | 2007-11-27 23:36 | Recommendation