人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

写真展

日本都市計画家協会
の総会に参加し、ひさしぶりに大野秀俊先生の舌鋒するどい独演会?を聞いてきました。実は、私は槇先生の事務所に都市計画部門があるころにアルバイトとして働いていたことがあるのですが、当時のマイペースぶりとまったく変わっていなくて感服しました。いや、いい意味でいっているんですよ。パワポの説明もどちらかというと説明というより、猛烈な早送りで聴衆を圧倒するばかりです。もっとも参加しているほうも顎鬚生やした年配の人が多く、どなたも「巨匠風」で一種異様な会合でした。なんどもいいますが、非常に刺激的な内容であり、その点ではたいへんよかったと認識しています。※もっとも、建築家という人はややこしい問題になると「僕は建築家だからあんたたちが悪い」と言い放ち、少し広域の話になると「僕は都市計画レベルで考えているんだ」という無責任さは少し気になりました。こんなことばかりするから、三遊間(スキマ)ができて誰も責任をとらない部分ができるのではないでしょうか?ところで聡明な大野さんも考えてきるともうすぐ60才。。。時間がたつのは早いものです。年令を考えると、次の転身先へのアピールにも見えますが。

村角創一写真展
が家協会会場の日本青年館の近く、アートスペース青山でやっているのを思い出し寄ってみました。A川さんに電話すると予想外に周囲が静かです。外苑前INOUEが定休だったのでコンビニでワインを2本購入し持っていきました。

久しぶりの写真展ですが、やはりプロのすごさを見ました。感性についてはコメントを控えるとして、その技術はどれも高度でアマ写真家とはまったく別世界の写真ばかりでした。建築など空間を把握して見せる分野が得意だそうです。

私がカメラマンだったらこうするだろうなあ、というショットばかりです。非常に緻密なフレームワークと発画術(というのでしょうか)でした。奇妙な連作があり、これはなんですか?と聞くと
 「タングステンの4×5で自宅で撮ったんですよ」 との回答。おお、そんな撮影は考えたことも装置もありません。「6×9はあるんですが」「ああそうですか」と予想通り無視されました。使いにくく、プロは使わないし、6×9といったことでカメラも2級品であることがバレバレです。

 「最近ハッセル買っちゃった」 とお子さんを開成中学に入学させ、授業料がたいへんなの、といったばかりの自称不良ママA川さんに自慢されました。※因みに村角さんも開成出身のようです、なるほど!合点がいきますね。

3重4重にショックだった一日でした
by gentas | 2007-06-17 12:44 | Town Walking