人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

マスキング

いつからか失念しましたが
六代目円生を集中して聞きました。多分、微かではありますが存命中の落語を聴いたから、ある程度郷愁にも似た確認作業として熱中したのかもしれません。ちょうどMP3製品が出始めた頃なので家中にカセットテープ、MDそしてMP3などのファイルとしてバラバラにあると思います。

引き込まれるような語り口や喋り方は努力のあるでしょうが、実母が義太夫語りであり、本人も5才のころすでに豊竹豆仮名太夫として義太夫の舞台を踏んでいたという天性の才能もあるのでしょう。

しかし、探してみると実に多くの全集がでているので多分30%程度しか聞いていないと思います。でも、出張の多い時期だったせいもありますが、毎日のように聞きまくっていたような気がします。従って、その頃はカバンの中にはカセット、MDあるいはMP3プレイヤーが必ずありました。

さて、時間がだいぶ経って今はどうなんでしょう。実はMP3プレイヤーだけはほぼ毎日持ち歩いています。でもあまり聞くことはありません。休日の公園などのアウトドアでクラシックを聞いたり、あるいは元気がないなと自分でもわかるときは帰宅途中でロックを聴きます。一時期のような落語熱は落ち着いたような気がします。

ところで本や資料を読まなくてはいけないのですが、場所はといえば、つい帰り道の電車や昼ごはんの食堂や喫茶店でそれらを読みます。しかし、年を重ねるといろいろなことに神経が使われるというか、集中力が落ちてるというか効率的には読めません。特に喫茶店はたばこくさいし、おしゃべりをしにくるOLや若者が多い場所です。

耳がよくなったとは思えませんが、彼らの喋る声はだいたいが
不必要に大きい です。一体誰が聞いているんだろう?あるいはどこか遠くで誰かが聞いているんだろうか?というくらい内容がないのに大きいです。

そんな時に今までは耳栓を持っていきました。しかし、最近はMP3が代わりに活躍してくれます。音響工学でいうところの
マスキング効果(音圧レベルを下げてくれる)です。

翻って考えると、円生のおかげで本が読めるようになった、ということです。

お後がよろしいようで。
by gentas | 2007-05-26 00:55 | Recommendation