人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

資格について

とにかくいろいろな資格が世の中にはあります。大まかにいって日本では国が認定する資格が中心、そして米国では団体が認定する資格がほとんどです。そして、実際にはグローバル化という流れに沿って米国資格に注目が集まっています。

この米国流の資格の制度変更が頻繁にあるため、非常に関心をもち迅速な対応を行う日本での教育機関がそのあおりを受けています。最近ではCPA取得で先進的だったANJOインターナショナルが倒産してしまいました。突然に運営方針や試験内容が変更されてしまうため、基礎的勉強に注意せず、むしろ傾向対策が得意な日本人にとってはたいへんです

英語のテキストがあるからできそうですが、CIAやCPAなどの膨大な受験に関する書籍を読むと、たどたどしく読める程度の英語力では難しいようです。その点では、米国の資格試験は社会人よりも大学生の方が受験しやすいでしょう。なにせ、経験を聞かれる部分はあっても基礎的な知識や判断根拠を問われるのが大半だから、これらの本をスピーディに読みこなす方がはるかに合格率はあがります。

ところで資格を取得しても本人に役立つかどうかは別です。ふぐ調理師免許をもつことは銀行員には意味ありません。介護資格しかないトラック運転手はありえません。日本では独占業務を持たせることが第一義的らしく、従って宅建などは取得しやすく、かつ一番お金が稼げる資格といわれています(不動産鑑定士は社会的地位が高い、たいへん取得困難な資格、と言われていますが、実際には独立も困難な使い勝手の悪い資格のようです)

さて、最近転勤させられた私は、何故かいろいろな仕事先に出向くことが増えました。打ち合わせも多く、非常に疲労します。そして初めて逢う方ばかりなので名刺を渡します。そしてそれが切れたのでついでに技術士もいれておこうとしたら、総務部長兼重役が問い合わせに来ました。「技術士って資格は国のものですか?そうでなければだめですよ」と。おいおい。この会社はシステム開発も独自でやっている会社だぞ。技術士も知らないのかい?不動産鑑定士とまでいかなくとも文部科学省のいう「科学技術の最高資格」のはずではなかったのでしょうか。この人は旧大蔵省にもいた、仕事好きのバリバリのエリートです(しかもかつての私の部下です)。さっそくINETで確認し、「あ、国家資格なんですね。でも必要ありますか?」えー!委託先にいったり、コンサルと議論し、会計士と丁々発止と渡り歩くのに、監査部長じゃだめで必要に決まってるじゃないの。。。。

ここで技術士について説明すると、情けないことに日本技術士会HPでも記載されていますが「技術者として最高ランクの資格。しかし、弁護士より数は少し多いのに知名度は低い。しかも独占的業務(例えばコンサルタントは技術士をもたなければできない)などはない」と書かれています。一説には工学博士号よりは取得がむづかしく、合格率は低いそうです。確かに社会人を経て大学教授になる人には技術士が多いかもしれませんが必要条件ではなく十分条件なのでしょう。

そうです。東大法学部卒の彼にとっては、短大生がよく取得するカラーコーディネータ資格や中学生でも取得する無線技術士と技術士は同列なんですね。トホホです。

もうこんなところはさっさと退場したほうがいいかもしれないなあ、と思いました。
by gentas | 2007-02-10 23:47 | Certification