人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「シズコさん」

中学生時代から断続的ですが購読しているいくつかの雑誌があります。「波」はその中の1冊です。たくさんの名作を発見し、大勢の「好きな作家」や新しい話題を知らされたような気がします。江國香織の連作や白川道なんかの連載は毎月楽しみにしていたものです。「図書」の阿川弘之の「志賀直哉」も食い入るように読んだものですが、そのような深さのある作品もありますが、私にとってはむしろ幅のある作品群が特徴なのかもしれません。

そんな中で最近の注目は、やはり「シズコさん」です。介護、ボケ、家族といった重い内容ですが、一語一語心にしみわたる内容です。表層的な心情描写などなく、現実と共存する親子の葛藤の歴史や現状が書かれています。

介護問題という内容が内容だけに、毎月の掲載なのがちょうど良いです。これを一挙に読むと、まあ半ばで放り投げそうです。重い、重すぎる。言葉は悪いですが、高齢者介護問題は私にとっても「隠れ債務」のように感じます。毎日の生活を追いかけるだけでなく、どうも将来を俯瞰するクセのある私は少し考えてしまいます。この連載の親は「自分の産んだ子供も忘れ、自分も忘れた」ボケ老人です。その介護は、一義的に「生活費負担」として重くのしかかります。介護するほうもたいへんです。

年をとると子供に戻る、といいますが、確かに赤ちゃんよりも純粋でしょうが、その存在は重い、です。

自分は大人である、と思っている方、ぜひ一読を!

格付け: 「B」(きっとたくさんのファンがいるでしょう。話題は重いですが、「最も知りたい内容」かもしれません。専門家や専門従事者の百万言の説明よりリアルです)
by gentas | 2007-02-06 07:37 | Recommendation