人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公認情報システム監査人

いきおいでCISA(公認情報システム監査人)試験を受けてきました。あくまで推測ですが、今回は8,000人ぐらい受験しているのではないでしょうか?東京地区の受験会場も1箇所ではなく、どうやら何箇所にも分かれています。7:30から8:30が受付、9:00から開始ですが、8:30を過ぎれば受験させないシステムです。今年は何人が受験しそこねたのでしょうか?

いうまでもなく来年からのJSOX法に合わせて、企業の内部統制については厳格になるため、その中枢と考えられるシステム監査の専門家に対して、どのような知識・技能が必要かわからない経営層が「担当者は資格取得するように。またいなければ有資格者を中途採用するように」とのいい加減な考えのもとに需要が急増したのが背景です。(というわけで、決して法律上の独占業務もありませんから、落ち着いたときには、資格取ったから俺はもう大丈夫と考えている人はババッとリストラあるいは配置転換されることを覚悟する必要があるでしょう。)

私はといえば、3,4年前にISACAで試験問題作成委員として翻訳を手伝ったりしたのですが、面白くはあっても私自身は資格未取得でした。しかし、10月から配属された部署が内部統制部門であったため急遽受験となったわけです。(ファシリティマネジャー資格を創設するときも同様でしたっけねえ。資格を作る手伝いをしていたのに、受験申請をしていなかったので第2回試験を受験することになりました)

え?手応えですか?なんせシステム部門にいたのは大昔ですから、だいぶ知識が陳腐化しているんです。「10%の回答しか自信なかった人も合格している」(ISACA幹部談)という話があるようですが、今日のところは今日の資料を整理し、5月の再受験を覚悟しましょうかねえ。なお、試験内容は「経産省のシステム監査技術者の勉強をしていて、CISA問題集を真剣に何度か勉強すれば受かる」ように思います。
※何人もの有資格者の方と話ましたが、皆さん高学歴・専門的かつ汎用な知識を持って重要な仕事を担っているのに、サラリーマンとしてはやや不遇な方が多かった、のを覚えています。たいへん若くて美しいある女性は、大学をでて数年で英語で受験し、CISAとCIA(公認内部監査人)を取得していましたが、いわゆる一般事務職のままでした。ある女性は外資系金融機関の副部長でしたが数年で異動する運命のようでいつも転職活動をしていました。このCISAというものはなんとも微妙な資格かもしれません。(Nさんにいわせるとしょせん技能資格です。うーん、正鵠を得ていすぎです。)


合格発表は10週間後だそうです。(受かっても落ちてもNさんには笑われるでしょうね)
by gentas | 2006-12-09 18:23 | Certification