人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

トリトン

晴海の拠点開発をアっという間に仕上げ、「商社冬の時代」にさっさと本社を移転した○友商事の潔さには感服したのを覚えています。しかも商業設計は外国の商業コンサルにして、事務所は手堅く国内大手の設計事務所にするところは、オトナの風格です。まあ、「なんかダサクない」という建築ボーヤたちの発言があるかもしれませんが、早くも竣工から5年たち周辺には高層ビルが立ち並び、雪駄でおっさんがうろうろしていそうな雰囲気の場所が、マリンルックにイヌを連れた優雅なチュウネンがいる場所に変身しました。すごいぞ!トリトンa0020434_20383026.jpg

しかし

都営勝どき駅につながる橋が「トリトン橋」っているセンスはなんだ?これは○友商事の私有物ならセンスをうんぬんできないけど、公共空間ですよね。もう少し名称には配慮をし、文化や環境あるいは地元住民の意見を取り入れてもてもいいのではないでしょうか。まあ、はっきりと名前をつけることに否定をするわけではありませんが、拠点開発の「物語性」を考えれば、トリトンのストーリーってのがあってその端部には、それにふさわしい名称をあてるほうが自然かと思いますが。

追伸:決して意見を述べるほどの権威も立場もありませんが、敢えて言わせていただくなら、信じられない短期間で事業をまとめ、実行するのは○友商事をはじめとするSグループは本当に見事だ、と思います。家庭や体をなげうって、誠に付利をおわず、滅私奉公で活躍します。しかし、巨額の投資は環境を造るとともに、すでに新陳代謝がはじまり、必ずや破壊される時期も来ます。そのような背景を考えるとじっくりと計画されたものとのテイストの違いが日ごとに感じられてきます。急場しのぎのテナントリーシングも無理がきます。10ha向きのレイアウトを1,000㎡に押し込むと無駄が生まれます。
by gentas | 2006-06-18 08:27 | Town Walking