人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

なつかしい顔:エルンスト・バルラッハ

●『エルンスト・バルラハ』
●京都展:『エルンスト・バルラハ』

サラリーマンをしているとよっぽど注意していないと世の中の動きを理解できなくなるようです。悲しいかぎりです。
「エルンスト・バルラッハ展」のつり革広告を今朝の電車の中で発見したいへん驚きました。芸大?そういえば独法になったら立派な美術館ができたと発表されていたのを思い出しました(なんでそんなことができるのか?また別に考えてみましょう。)

a0020434_943913.jpg
はじめてBalrachを知ったのは、四半世紀前の北ドイツボルプスベーデ村だったと思います。なぜか北ドイツに惹かれ、うろうろしていたときに現地の観光資料かなにかでみつけて訪れました。当時は建築雑誌に紹介記事を書いたような気がします(あとで調べたら1984年でした)。調べてみるとドイツではいろいろな街で同じ展覧会をやっており、たいへん親しまれた存在なのでしょう。たくさん本や展覧会パンフレットも持ち帰ったはずですが、探しても数点だけが残っているだけです。

バルラッハの暖かい造形美は宗教的なものが多く、しばしテーマ性を考えさせられるものもありますが、造形は誰もがなじみやすいものです。また、たくさんのスケッチ類も躍動感があり、非常に緻密な構図ながらわかりやすいものです。

一方、撮影者は誰かわかりませんがするどい眼光のポートレイトも有名です。彫刻家というか、辺境の村に集まった芸術家たちの研ぎ澄まされた精神(Zeitgeist)が感じられました。

当時、泰仙弟子丸のZENがじわじわと浸透していき、同時にドイツで国内はZENもブームだったように記憶しています。また、非常に親和性のあるイベントだったような気がしました。

残念ながら朝読んだところでは、午後5:00までの開場とありましたので、サラリーマンが会社の帰りがけにいくことは随分と無理があります。興味ある方は、可能だったらぜひいかれることをおすすめします。表現主義論争とユートピア
船戸 満之 / 情況出版
ISBN : 4915252639
スコア選択:


Ernst Barlach. Mit Selbstzeugnissen und Bilddokumenten.
Catherine Krahmer / Piper, Mchn.
ISBN : 3499503352
スコア選択:

格付け:「B」(ぜひ現物を見ることをおすすめします)
by gentas | 2006-04-26 22:38 | Recommendation