人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

信託の改革が始まる

信託改革 金融ビジネスはこう変わる
永田 俊一 / 日本経済新聞社
ISBN : 4532351340
スコア選択:
「小泉改革」路線についてはその成果について賛否両論だが、両論とも評価がわかれているのはどうしてだろう。憲法改正(第9条)議論の影に隠れ日本の法体系やシステムが硬直的になり、現代の経済活動などに矛盾してきている。最近は少しづつ既存法改正、不備の整備(改正)などがされている。

最近では、会社法の改正という歴史的英断があった。明治以来の硬直的な法の整備はこれからも続き、商法の抜本的な改正も予定され、明文化法体制が整っていきはじめたといいえる。

今回、信託業法の改正が動き始めた。国会議論はあいかわらず付帯決議などの運用がされているようだが歴史的な進歩だろう。特に、営業信託はごく少数の信託会社(銀行)が免許制度の中で営んできたが、これからは信託のスキームをはるかに自由に使いことができる。すでに商社などでも信託セクションを作り始めた。

そのためにも今後の動静の一部を描いた好著といえる。一読をおすすめします。著者の永田さんは協会の副会長もされたりと業界内情には精通され、また同法に愛情をそそいでいます。ご本人にも確認しましたが、たいへん楽しそうに「信託の利用はこれからです」と力説されちたのが印象的です。「信託」を少しでも齧った寺とならわかるでしょうが、専門書といえば難解な専門書ばかりだが、他にも永田さんの小説仕立ての本が何冊かあったりと少しづつユーザに近い本も出版されてきているようです。

格付け:「 C+ 」 (斯界の専門家がまとめたのでわかりやすい部分と少し省略されている部分があります。まずは書店で読んではいかがでしょうか」
by gentas | 2006-04-15 09:26 | Recommendation