Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

丹下健三を語る

先日の「浅田孝を語る」の影響を受けたせいではありませんが、「丹下健三を語る」を偶然読みました。

丹下健三を語る: 初期から1970年代までの軌跡

槇 文彦 / 鹿島出版会



丹下シューレといえる弟子や教え子、丹下研・丹下事務所(URTEC)の方々の思い出話が中心です。最近の歴史家や設計士の方も名を連ねていますが、特にコメントもなく(まあ、ないでしょうけど)、若い読者に対して親近感を伝えるために名前を追記しているのか、と推察します。

ところで、丹下シューレの重要人物の一人、磯崎新さんが
架空座談会を書いていて、実に面白い!!先生である岸田先生などは現代の建築学徒や設計士の方々にはもはや名前ぐらいの存在でしょうが、先日の浅田孝さんも登場し、大所高所の議論好きとバッサリ表現されても、蛙の面になんとやら、いっこうに気にせず爽快ですらあり、一読に値します。

座談会中?に引用された
浅田さんの卒業論文「日本国民建築様式」(1943)
丹下さんの卒業論文「ミケランジェロ公頁」(1939)
は一度読んでみたいですね

それしても、先週から少し”建築小僧”になっていることに気づきました。

PS.本書の執筆者に阿久井喜孝先生の名前を発見し、これまた過去の思い出がよみがえりました。何がきっかけだったか忘れましたが、新建築誌の紹介だったかでお会いしたとき、AACHENにいくとお伝えしたら、軍艦島の資料を預かったような気がします。そういえば帰国してから連絡していなかった失礼を今頃思い出してしまいました。先生、たいへん失礼しました。ネットがない時代に写真などを託されたことを重要さを今頃になって気づきます
[PR]
by gentas | 2014-08-16 14:03 | Urban Design