人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

景観法10年

もうひとつ、日本都市計画家協会でのシンポジウムのお知らせです。こちらはまだ時間あります。。。

■(NPO)日本都市計画家協会連続セミナー 第12シリーズ
『景観法10年のあゆみとデザイン・レビューの可能性』-景観計画の実効性を問う-                                
まず景観法10年の到達点と課題を総括し、デザイン・レビューを質の高い都市空間づくりに活かしていく方法や課題を通じて、実効性のある景観計画のあり方を考えたいと思います。

第1回:わが国の景観行政の到達点と課題
講師:西村幸夫氏(東京大学教授)
日時:2014年9月25日(木) 19:00-21:00
日本の景観行政を支えてきた第一人者の講師が、日本の景観行政の歩みを踏まえながら、景観法10年の歩みを振り返り、その到達点と課題を解き明かします。その上で、今なぜデザイン・レビューが必要であるのかを解説します。

第2回:景観計画の実効性を高めるためのデザイン・レビューの可能性
講師:坂井文氏(北海道大学准教授)&小出和郎氏(都市環境研究所代表)
日時:2014年10月10日(金) 19:00-21:00
英国CABEをいち早く日本に紹介した講師が、CABE成立の背景から活動の実態・課題について、具体的な開発計画の事例をもとに解説し、日本の景観行政が参考にすべきポイントを論じます。

第3回:わが国におけるデザイン・レビューの実践
講師:国吉直行氏(横浜市立大学特別契約教授)
日時:2014年10月16日(木) 19:00-21:00
日本においてもデザイン・レビューの試みは行われています。具体的な都市デザインの現場でデザイン・レビュー的手法やデザイン調整に携わっている講師が、景観法を活用したデザイン・レビューの可能性とともに、その実践に向けた技術や課題、景観法運用の課題について解説します。

受 講 料:事前振り込み:5000(正会員4,000)円、
     当日支払:6000円(正会員5,000)円
     ※全3回分
場 所:3回とも日本都市計画家協会事務局会議室にて
定  員:30名(※先着順とさせていただきます。)
詳細&申し込み
http://bit.ly/1ovUu6y


西村先生をはじめ、どなたのお話も魅力的です。国吉先生、このあいだお会いしたときには言っていなかったけど、たぶんまだ時間あるからなんでしょうね。実践的なお話は実は聴くほうが注意していないとその価値がわからないときがあるんですよね。。。。。。。
by gentas | 2014-08-16 00:04 | Urban Design