Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ジェームズ・マーチン

a0020434_13542628.png
「いやあ、トイレで見る度におもしろいよねえ」
「え?何がですか?」
「だって、ジェームズ・マーチンって同じ名前じゃない」
「。。。。。。」


システム管理責任者からトイレであいさつ受けた折に、置かれている消毒用アルコールの名前を見て、受けを狙って語りかけたのに反応してくれませんでした。

今のシステムの専門家にとってジェームズ・マーチンと聞いてピンと来ないのかあ、と少し驚いたようながっかりしたような気分です。

私の世代では、リレーショナルデータベースやシステム開発の専門家としていくつかもの本があり、何冊も著書を読んだ記憶が鮮明です。
特に、名前を覚えたのは日経BPから出版されたものが原因ではないでしょうか:

・『管理職のための情報戦略 -データ処理から情報資源管理へ』 An Information Systems Manifesto  日経マグロウヒル社 1986/12
・『情報システムの戦略的構築 -ビジネス・データベースの作成技法』 Strategic Data-Planning Methodologies 日経マグロウヒル社 1986/5
・『J・マーチンの情報システム計画方法論』 Strategic Data-Planning Methodologies
日経BP社 1991/9
・『J・マーチンのDB2』 DB2: Concepts, Design, and Programming 日経BP社 1991/1
・『データベース環境の実現と管理 -企業経営を成功に導く情報システムとは』 Managing the Data-Base Environment 日経マグロウヒル社 One:1987/3  Two:1987/5
・『データベース 理論と手法 -ユーザーに役立つデータベースをどう構築するか』 An End-User's Guide to Data Base 日経マグロウヒル社 1986/3
・『ローカルエリア・ネットワーク -アーキテクチャとその実現方法』 Local Area Networks
共立出版 1992/12
・『ラピッド・アプリケーション・デベロプメント』 Rapid Application Development
リックテレコム One:1994/12 Two:1994/10
・『自動システム設計のための標準ダイアグラム作成技法』 Recommended Diagramming Standards for Analysts and Programmers 近代科学社 1991/3
・『ソフトウェア構造化技法 -ダイアグラム法による』 Diagramming Techniques for Analysts and Programmers 近代科学社 1986/11
・『VSAM -アクセス方式サービスとプログラミング技法』 VSAM 近代科学社 1989/6
・『SNA -IBMのネットワーク・アーキテクチャ』 SNA 日経BP社1989/11


コンピュータの基礎的素養ない私にとっては、これらの本は有益でした(確かにすべては”20世紀の本”ですね。この他、当時はたいへん貴重だった差し替え式のまるでカタログ集のような
日経データプロEDPは先生のように有難たく、貪るように読んだ記憶があります。

データベース:理論と手法―ユーザーに役立つデータベースをどう構築するか

ジェームズ・マーチン / 日経マグロウヒル社


しかしながら、冷静に振り返ると読んでばかりで、実際のプログラミングなど開発に直接携わったわけでもありませんので、未だに表面的なことしか知りませんね
[PR]
by gentas | 2011-10-29 13:55 | Town Walking