人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

DASH村

9月11日、あまりTVを見ない私が何故か
DASH村を機会あれば見てしまいます。
http://www.ntv.co.jp/dash/village/
さて

計画的避難区域に指定された福島県浪江町にあるDASH村はすでに自由に立ち入りできません。
動物や自然の成長を中心テーマにした同番組も、最早現地の実情報告を中心にはできず、避難者や過去の映像の振り返りばかりをしていましたが、昨晩は少し内容が変わりました

すなわち

JAXA研究者他の提案(JAXAと放射能汚染はどういう関係でしょう?)を受け、
ひまわりを育成して放射能除染の可能性を実際にDASH村で調べよう、というテーマでした。
a0020434_1413047.jpg

しかし

実際に研究者を含む取材クルーが現地に乗り込むと、12~40μSv/hrでした。※室内は5程度
放送を見ていた私の印象では、室外では
平均15μSv/hrです。また、以前の調査では地表面では240μSv/hrを記録したようです。※平均15は相当あまくみています。枯葉溜りなどでは一挙にその数倍ですから、この平均値というのが難しいですね

従って、

年間線量は131mSv>2.4mSv(自然放射線量)となります(自然時の56倍)

私が読んだ本では、100mSv/hr以上は健康被害の可能性あり、
2Sv以上で死亡率が急激に上昇するとあります。200mSv以下の被曝では、急性臨床的症状は認められないとされています。

長期に亘る放射線被曝の研究はたいへん難しいものと思いますが、ぜひ研究者の手で至急解明してほしいものです

DASH村から眼が離せません
by gentas | 2011-09-12 14:13 | Town Walking