人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

吉里吉里国

吉里吉里人 (上巻) (新潮文庫)

井上 ひさし / 新潮社



ついこの間まで、私のような知識のない首都圏での現代社会では、ひょっとすると労働力、農業製品や電力供給基地としても東北ぐらいしか意識はなかったかもしれません。

恥ずかしい話ですが、子供の教科書を読ませてもらい、膨大な文化資産がある東北を認識したのはこの10年くらいもだったかもしれません。冷静に考えれば、農耕民族としての日本人にとっては、広く国土に分散しているのに、サラリーマン中心の管理型社会に知らずに浸かっていた自分が、なんでもトウキョウを中心に考えていたことが実に恥ずかしく思ったものです。

十字軍遠征が多様な文化を醸成したように、地域での固有文化の発展以外にも蝦夷征伐などによって文化的融合や定着がすすんだのでしょう。

そのような自覚を持って、昨年東北をぐるっとまわってきました。
気仙沼、松島、釜石などの複雑な地形を利用したまちづくりが印象的でした。

しかし

それらの記憶はすべてリセットされてしまいました。

今、思うと吉里吉里国で井上ひさしさんが言いたかったのは、地域の独自文化がいかに素晴らしいか、だったと思います。出版されたときは政治的な理解や諧謔性などが喧伝されてしまいましたが、今回の地震を経験して読み返してみたい一冊です。
a0020434_22501720.jpg
a0020434_22504992.jpg

by gentas | 2011-04-16 11:31 | Recommendation