人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

きんもくせい

皆さんは、通勤通学途上をどうすごしていますか?

電車や歩いているとき観察していると、本を読んであれこれ考えたり、逆に音楽を聞いたり、ゲームをしたり、寝たりと様々です。

最近は電車は居間と思われている?
のか、靴下を履き替えたり、着替えたり、化粧をしたり(男性にとっては非常に不思議です。どうも眼を周辺がたいへん気になるようですね)、ご飯を食べたりする人もいるようです。

歩いているときは、例えば深夜だと
オヤジ狩りや引ったくりというのもあるので油断しているとたいへんなトラブルにあってしまいます。車中では絡まれたり、置き引き、女性だと痴漢ということに遭遇してしまうかもしれません。

四季を持つ日本の秋は、帰りの途上で何やらいい香りがするのに気づく季節でもあります。
キンモクセイです
a0020434_628586.jpg


子供の頃に近所にいくつもキンモクセイがあったのは、雨の後に道路が一斉に黄色になるのでもわかりました。
残念ながら、引っ越した現在は数が減ったか気をつけて探してもニオイがするだけで場所がわかりません。

まちづくりなどで、外部空間の計画については低炭素社会の進展だ、QOLを追求すべきだ、、といって
外形的緑地計画が喧伝されています。なるほど緑地比率や緑地面積・容積は重要な指標でしょうが、生活の中では数は少なくとも光輝くキンモクセイのような存在や評価や計画を検討してもよいのではない時期ではないでしょうか?※ドイツやアメリカで
私の樹という人がいました。自分の成長を樹に託すのか、同じ成長をし続ける仲間と見るかは定かではありませんが、失恋した時その樹に会いにいった友人を思い出すと兄弟みたいなものかもしれません。ひょっとしたら日本で若者の自殺が多いのは「私の樹」がないからかもしれませんね

この季節しかできないことですが、今夜はキンモクセイを探しつつ帰宅するのもいいかもしれません
by gentas | 2010-10-08 06:35 | Town Walking