人気ブログランキング |

Thomas,Wohin Farhen Sie,denn?気力・体力は減少気味,睡眠時間は長くしないと持たないです。人生は「誤解と錯覚」ですがやりたいことはやっておかないと!


by gentas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

スティーブジョブス

考えてみると、
Appleの歴史は、ほぼ自分の歴史と同じであることに気づきますa0020434_12402228.jpg

実際につきあったのは、仕事でAppleⅡやNeXTでした。自宅では、奮発してPowerBook140を購入しました。
その後は、同社の"迷走の時代”(多数の商品群)にEGBridgeのできのひどさやWORDやOFFICEのできの良さのためWindows一辺倒になりました。

iPodが販売されたときも、様子見とし購入するのは”実験的な商品”(一般的には”パチもの”というかもしれません)でした※GigabeatやTrasecendなどのブランドはともかくも。

しかし

インテル採用マシンやiPod以降の再躍進が起こりました。私もついiPodtouchは32GBがでてから購入し、そして今は試行錯誤しながらiPadを有効利用しています。

同社iPhone4などの広告では”All in One”と説明しています。

私はほぼ毎日の通勤に際して、
  ・携帯電話
  ・MP3プレイヤー
  ・ラジオ
  ・リニア録音機
  ・デジカメ
  ・PC+ハードディスク
を持ち歩きます。実になんとも
がちゃがちゃと重い荷物を持ち歩く日々です。学校などに行くときは、これにiPadやPCのDVDプレイヤーなどを持ち歩いています。
※確か中学生の頃に教師から「がきんちょはなんだかわからないものをカバンの入れてくるんだ。できのいい奴、賢い奴はそんなことはしない」と諭された記憶があります。でも結構使うんですよねえ。。困った困った

さて、これらの原因をつくったスティーブ・ジョブスといえば、若い頃のやんちゃなイメージしかありません。なんでも24才で100万$、25才で1,000万$、26才で1億$を得た、ということで日々酒と女性でどんちゃん騒ぎをしていたように思います。

そんな彼も最近生肝移植をするなど病気との闘いばかりです。私の見立てでは
そろそろ引退モードなのでしょう。

そんな思いをした本を読みましたので紹介します。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

カーマイン・ガロ / 日経BP社



名著とは思えません。いわゆる有名人を対象にした本です。彼の最近の姿勢は少しうかがえました。
by gentas | 2010-09-11 12:40 | Book Worm